妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

緊急お知らせ・・・‘タミフル’ について

これは10月31日の‘読売新聞夕刊’に載っていた記事です。

「幼年期の脳 タミフル侵入」 国内グループ研究

服用した若者や子どもに異常行動や突然死が相次いだインフルエンザ治療薬「タミフル」が脳に達する仕組みを、国内の二つの研究グループが動物実験で明らかにした。
脳には薬など異物の侵入を防ぐ「血液脳関門」という防御機能があることなどから、
厚生労働省の作業部会などは服用と異常行動の因果関係に否定的な見方を出していたが、
それを覆す可能性のある研究結果として注目される。・・・以下省略。(詳しくは、読売新聞をご覧下さい)


この研究によると、ある条件下では、「タミフル」が脳内に入り込む事が指摘されています。

「タミフル」を服用した子供達の中で、同じような異常行動を起こし、
死亡した記事が新聞に取り上げられていたのを、目にした方は多いと思います。

厚生労働省は、関連性について否定的でしたが、

現代の医学で見えていない原因が、その奥にあった可能性はあると思います。

‘薬’は同時に‘毒’でもあると、自分は思っています。
効果が強ければ強いだけ、同時に‘毒’の要素も強くなると思っています。

自分の感じとしては、あの新聞記事を何度か目にした時、
‘これはきっと何か関連性がある!’ と思いました。

まだハッキリとした事は分かっていませんが、
これから インフルエンザが流行する時期を迎え、
脳の発育途上にある子供達には、
「タミフル」の服用は、かなり慎重にやった方が良いと思います。


同時に、体の免疫力を落とす生活
(冷え・食べすぎ・体を冷やす食べ物・甘い物の取りすぎ・疲れ・不規則な生活 等)
にも気をつけていく事が必要だと思います。


☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-11-02 00:50 | 小さな子