妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

良い お産を 目指して・・・⑮

‘冷え’ を防ぐ!

冷えにも色々あります。
冷えについて 詳しく知りたい方は、<冷え>で検索をかけると、たくさんの情報が出てきますので そちらや、自分のブログにトラックバックしている情報を、見て下さい。

ここでは、妊産婦さん、赤ちゃんを中心に どんな風に冷えているか、見ていきます。

人の体は、上半身に <心臓> <肝臓> <肺> と大きな重要な器官が集まっています。
これらの器官は、休み無く働いています。
ですから たえず <熱> を作り出しています。

それに引きかえ 下半身は、<腸> は、食べた物が入ってきた時動きますが、それ以外は 余り動きません。
又、<足> も 歩いたり、走ったりしている時は、筋肉が働いて <熱> を作りますが、足を使わなければ、余り作られません。

これからも分かるように、下半身には、 <冷え> になりやすい要素があります。

下半身の<冷え>は、冷たい血液が女性の重要な臓器である、子宮や卵巣を冷やして、心臓に戻ります。
妊娠している方は、赤ちゃんの入っている子宮を冷やしてしまいます。


下半身の<冷え>に対しては、
足を使う → 歩く事により、筋肉が働き 冷えを防ぐ働きが あります。
下半身に流れている 血液も、足を動かす事で 循環しやすくなり、全身の基礎代謝も 良くなってきます。

又、食べ物からも 体を冷やす物があります。
今まで見てきた中で多いのは、
果物が好きな人・・・毎日とか、一週間のうちで4日以上摂っている人とか、7日のうち3日でも 私は多いと思っています。
更に、同じ果物でも どこで採れた物か? でも<冷やす>度合いが違ってくると思います。  一般には、北国で採れた果物より、南国で採れた果物の方が、体を<冷やす>と言われています。

例えば、 <リンゴ> より <バナナ> の方が体を冷やす率が高い・・・という事です。
更に更に・・・、どの位の量を食べているか・・・? という事も 大きいです。
1個なのか、4分の1カットなのか、あるいは 毎日2個以上食べているのか・・・。


果物・甘い物 大好きで、毎日のように食べている人は、見ると分かります。

体の細胞が、独特の ‘水太り’ しています

<甘い物>が出ましたが、<甘い物>も、体を冷やします。 
<甘い物>をたくさん、あるいは 毎日のように食べている人も多いです。
そういう人は、矢張り 体調があまり良くないですね。


あと、生野菜・冷たい飲み物・ジュース類・・・スポーツドリンクも入ります。

こういう物を毎日のように食べている人は、会った時、冷えびえとした 感じがします。

食べ物の大まかなところは、このくらいでしょうか・・・細かく見ていくともっとありますが・・・。

次に服装

殆どと言っていいくらい、下半身がないがしろにされています。

上には2枚 3枚 と着ていても、下は薄い物 1枚 とか、
お腹の保温は 何もしていないとか、
見かねるような服装をしている方が、たくさんいます。

これじゃ夜中に出血がある とか、お腹が張る とか言って、産婦人科に駆け込んで来るようになるわけですよね・・・。
さらにお話しを聞くと、日中冷たい食べ物などを 食べている。
これから夏場になると、ペラペラの服装で、大切なお腹や、足などを かなり 冷やしている人も、多くなってきます。

今の時代 <お腹は冷やさないように> <下半身を冷やさないように> と言ってくれる人がいないんですね・・・。

自分のファッションだけに目がいき、 お腹の赤ちゃんの事に 心がいっていない。

そんな時、お腹の赤ちゃんは激しく暴れて警報を発しています。
赤ちゃんは、胎動で教えます。
お腹に注意を向けてみて下さい!


お母さんに <下半身を暖める> という認識が無いので、生まれた赤ちゃんに対しても、
同じ事をしています。
肌着 中着 上着 と着せていても、下半身(足)が丸出しになっていても、気づかない、 気にもとめない、冷えていると思う事も無い、 足をさわって冷たくないか と気に留めてあげる事もない・・・。 

以前、こんな事がありました。

夏、冷房のかかった病室、コールがあり行くと、‘赤ちゃんが泣き止まない’ とお母さんからの訴えがありました。
見ると、赤ちゃんは 足が冷え、足にまだら模様(チアノーゼ)、赤ちゃんのいる所は丁度 クーラの風の当たる所、確か足が丸出しだったと思う。
‘寒くて泣いている’と思ったので すぐ場所を移動して 暖めたら、ピタッと泣き止み、スヤスヤ寝てしまいました。
お母さんにお話しを聞いたら‘暑いと思った’と返事が返ってきました。

これはほんの一例、こんな感じで冷やされている赤ちゃんが今、たくさんいます。

赤ちゃんが大きくなって、自分の足で活発に動き回れるように なるまでは、下半身の保温に気をつけてあげて下さい!

以上、ザット冷えについてみてきました。
今日はこれでおしまいです。

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-05-30 01:18 | お産