妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

おっぱいの “傷” ③

おっぱいに “傷” ができた時の対処法は、以下のようになります。

① 一番の原因は “ 食事” にありますので、詰まらせ 硬いしこりを作る
乳製品” “甘い物” “動物性脂肪”“こってりした物”を避けて、
先祖代々食べ続けてきた “和食 ”にします。

日本人の遺伝子は和食に対応しており、洋食には まだ対応できておりません。
日本人が“乳製品”を始めとした洋食を食べ始めたのは戦後です。
それまでは 田んぼでとれた“米”や、畑で取れた“野菜”、海で取れた“魚や海藻”
日本人の知恵が作り出した発酵食品 “味噌や醤油” “漬物” などを食べていました。
又、“畑の肉” と言われる大豆を、豆腐や納豆、油揚げ・湯葉 などとして、
様々に加工して上手に取ってきました。
これらを利用した “和食” を中心に食べていると、
おっぱいが詰まる事は殆どありませんし、
しこりなど出来て、おっぱいが硬くなる事もありません!

(出来てしまってからでは 取り除く事は非常に難しくなります。
食事と手当てである程度は取れますが、完全に取れるかどうかは、
本人の多大な努力と手当てにかかってきます。)

食事を 日本人の遺伝子に沿った物へ、まず変えてから次へ取りかかります。

(ちよっとそれますが、日本人 は母乳やミルクを飲んでいる間は
乳糖分解酵素はありますが、離乳食を食べ始めた頃から乳糖分解酵素がガクンと減り、
ほぼ0% 近くなるまでに減ってしまいます。
日本人でもごく稀に、大人になっても乳糖分解酵素を持っている人が
いるようなのですが、殆どの人は無くなってしまいます。

消化する為の酵素が無くなるから、牛乳を飲むとお腹が張ったり下痢をするのです。
消化酵素があれば、そんな症状は出ません!

日本人が ご飯を食べてお腹が張ったり、下痢をする事はありませんね!
それは消化酵素があるからです!

戦後70年位で、先祖代々受け継いできた遺伝子が そう簡単に変化しません!
ところが、日本のように水があまり豊富では無く、
先祖代々 牧畜をしてきて、水の代わりに動物のおっぱいを飲んできた
ヨーロッパの牧畜民族は、大人になっても 乳糖分解酵素があり、
牛乳を飲んでも日本人のようにお腹が張ったり下痢をする事はありません!

それぞれの人種には、それぞれの人種が先祖から受け継いできた遺伝子があるのです!
それを無視した今の日本人の食生活をしていると、
体に “異変” が起きて来るのは当たり前なのです!
“ちよっと ”が “大分” 脱線してしまいました)

② このままの状態で 赤ちゃんに母乳を飲ませようとしても、
赤ちゃんは おっぱいに深く吸いつく事ができません!
必死に吸おうとしても 乳輪が硬い為 口が滑ってしまい、
乳頭の先端を舐めるだけか、乳頭だけを口に入れるだけです!
乳輪までしっかり深く 口の中に入らなければ、
赤ちゃんはちょっとしか母乳を飲めません!
このままでは赤ちゃんは “餓死” してしまいますので、“ミルク”が 登場してきます!
ミルクで “飢え” をしのいでいる間に 、
どうにか母乳を飲めるように持っていきます!
この時しっかり母乳の手当てをサポートしてくれる人がいなかった人は、
ミルクに切り替わっていきます。

では 具体的にどうすればよいのか?

取りあえず すぐする事は “乳頭の 真上と真下の乳輪を柔らかくする”事です!

乳輪を柔らかくして、赤ちゃんの口の奥まで入るようにしてあげます!
それには、
乳頭を真ん中にして、自分の親指と人差し指を 直径4cm位取り、
真上と真下に置きます。 この時注意する事は、自分の指の “お腹”を当てる事です!
そのまま 奥に押していくと、硬い部分にぶつかり 指がこれ以上奥にいかなくなります。
この時 イメージを働かせ、親指と人差し指を 起点として、
胸の奥の胸骨に 三角形の頂点がある! と仮定して、
その三角形の頂点に向かって 親指と人差し指のお腹を押していきます!
そして 指の間にある硬い部分を、押して潰していきます!

まずは “真上” と“真下” をやります。

最初から力を入れてすると痛いので、最初は痛くない程度の力でやります。
少しづつしていると、指の当たった所が 少しづつ凹んできます!

これは “根気”のいる作業です!

時間はかかるけれど、自分がした時間に “正比例” して凹んできます!

真上と真下が1cm位まで凹んできましたら、もう かなり赤ちゃんは吸いつけるようになります!

その人の硬さの程度により、かかる時間は違ってきます。

諦めずにする事です!

どんなに硬い人でも 必ず取れてきます!

上下ができたら横もやってみましょう!

お産が終って入院中これを教えたら 、空いた時間にただひたすらやり続け、
退院する5日目には母乳が吸えるようになって帰られたお母さんがおりました!
そのお母さんの心と気迫に頭が下がりました!

傷ができて痛い、赤ちゃんが深く吸えない、という方は、
これを根気よくやってみて下さい!
時間がかかりますが 必ず吸えるようになります!

《 多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。 関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》




[PR]
by osan03 | 2015-04-15 07:04 | おっぱい

おっぱいの “傷”

《 原因 》

母乳を吸わせている時、乳頭や乳頭の付け根に “傷”が出来る人が多いです。

お産が終った次に直面する “痛み” です。
この痛みで母乳を吸わせるのが嫌になる人もおります。
乳頭が赤くなったり、切れたり、血豆や水泡、
カサブタが出来たり、乳頭の付け根に亀裂ができる方が結構おります。

以前にも書いたと思いますが原因は “浅い吸わせ方” です!

浅い吸わせ方をしていると、必ず “痛み” を伴います。

逆の見方をすれば、赤ちゃんに吸ってもらっている時、
“痛み” があれば、 “100% 吸わせ方が浅い” という事です!

なぜ “浅くなるのか?”

抱き方が “下手” という事もあるかと思いますが、
圧倒的に多い理由は、 “乳輪が 硬い” という事です。
(乳頭の外側に黒っぽい輪になっている部分を、“乳輪”といいます)

皮膚の表面を触るのでは無く、皮膚の下にある 組織 を触ってみます。
親指と人差し指の間に乳頭が来るようにして、親指を真上に、
人器し指を真下にして 幅4cmくらい取り、
胸の奥の方に スッと押してみます。
この時 スーッと凹んでいきますか?
指がスーッと凹んで入っていく人は、柔らかい人です。
でも、今のお母さん方は、そこで指が止まって入っていかない方が殆どです。

自分のおっぱいで試してみて下さい。
どうですか?
まだお産をしていない妊婦さんも試してみると良いです。

今は程度の差があるとはいえ、99%の方に“硬さ”があると思います。

本当に柔らかい方は、乳房全体が “マシュマロ” のようにフワフワと柔らかく、
どこにも硬さがありません!
乳頭にも何の硬さもありません!
乳頭を指で挟んで潰すと、痛みも無く 潰れて細くなります。

こういう乳頭と乳房を持っている方は、おっぱいトラブルも殆ど無く
スッと楽に母乳を飲ませる事が出来ます!

以前はこういう方はまれに居りましたが、
今は見かける事が殆ど無くなりました。

なぜ、 いなくなったのか?
その原因は普段の食事にあります。

妊娠前から日本の伝統的な “ 和食 ” だけを食べていた方はなりません!
何の問題も無く、スムーズに“母乳育児”を始められます!

けれども今は、そんな方は居なくなりました…。

おっぱいを詰まらせる代表的な 「 乳製品」、
そして糖分の入った 「甘いもの全て」・「動物性脂肪」
「こってりした物」を普段の食事で摂るのが当たり前になったからです。

これらはおっぱいを詰まらせます!
そして硬いしこりを乳房の中に作ります!
これらの食品をどれだけ取ってきたか? で、
詰まりやしこりの範囲が違ってきます。
少ししか食べて来なかった人は、範囲も小さい!
たくさん食べてきた人は、それに比例して範囲も広い!
今では、乳房全体がシコリだらけになっている人も
珍しくなくなりました!
そんな方は、完全に柔らかい何のトラブルも無いおっぱいを知りませんので、
それが “普通” だと思っています。

こういうおっぱいは乳頭も乳輪も硬く、
赤ちゃんが簡単に吸いつけない事が多いです。
吸おうとしても、乳輪が硬いため滑って口の中に入らず
乳頭だけを引っ張って浅く吸う状態になります!

これが 最初に書いた “傷” になります!

過去にこういう人がおりました。
娘さんが妊娠して初孫だったので、その人のお父さんは嬉しくなって
娘さんを 毎日のように連れ出し、ご馳走をたくさん食べさせました!
甘い物も好きだったので、甘い物もたくさん食べました!
赤ちゃんが生まれたら、乳頭も乳輪もカチカチに硬く、
簡単に吸い付けませんでした。
そのうえ詰まりやしこりもひどい状態でした。
詰まりがあるので母乳も簡単に出ず、
ベタッとした粘りの強い母乳が少し出るだけでした。
その後、食事に気をつけていったので、母乳の粘りは取れていったのですが、
乳頭と乳房の詰まりやしこりは簡単に取れる物では無く
(相当 程度がひどい状態でした。
母乳はベタベタで指がひっ付いて離れづらい状態でした。)
1ヶ月の間に乳腺炎を3回起こし、
最後の3回目はどんなに手当をしても、奥の詰まりが抜けず
その部分の母乳は全然出てきませんでした。
とうとう3回目は “切開” になってしまいました。
お母さんは過去を反省し、その後和食に切り替えていきました!
(この続きは次回にします)


《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》






[PR]
by osan03 | 2015-04-09 05:10 | おっぱい