妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:お母さん ( 8 ) タグの人気記事

昨日の読売新聞の“ ぷらざ ” 欄に載っていた記事で、
“なるほど!”と感心させられた記事をご紹介します!

『 近くのスーパーへ買い物に行ったときのこと。混雑する店内で、小さな男の子が走り回り、その後をママが追っている。よく見ると、そのママは3人の子供を連れて買い物に来ていて、動き回る下の男の子2人を静かにさせようと必死になっていた。
レジを待つ間、ママは一番下の男の子のポケットに鍵を入れながら、「家の鍵だから絶対になくさないでね」と言っている。続いて、お兄ちゃんのズボンの後ろポケットにも何かを入れた。「ママの携帯電話、もっていてね」と話しかけている。
大丈夫かなと思ったが、なんとその途端に2人は静かになった。
時々ポケットを気にしながら、神妙な顔で順番待ちを始めたのだ。
静かになった子供たちにも感心したが、そうなることを見抜いて大切なものを預け、
子どもに責任を持たせたママの行動にも驚いた。私にはとてもそんな発想はなかったー
と遠い昔の子育て時代を思い出した出来事だった。』
( 富山県魚津市 ・美谷朝子様 )の投稿でした。

短くまとめるより、そのままの文章を載せた方が
この時の情景がよく分かると思いました!
お店に買い物に行くと、よく子供達が店内を走り回っている光景を見ますが、
こういうやり方もあるんだ! と、私自身が感心しました!!!

[PR]
by osan03 | 2015-06-07 00:43 | 子供

乳腺炎の原因

これについても どこかで書いたと思いますが、再び書きます。

○ 妊娠中、妊娠前に高カロリーの詰まる物をたっぷり食べた。
牛乳を始めとする乳製品、動物脂肪のたっぷり入った物、糖分の入った物をたっぷ
食べた。 勿論、この中には果物も入ります。果物も甘いです!
これで乳腺炎を起こす材料は出揃いました。
(稀に これ以外の原因でなる事もあります。)

○ こうなるとおっぱいの奥には、硬いしこりがすでに出来ています。
そこは詰まりがあり血液の循環も悪く、おっぱいの流れも悪くなっています。
母乳は非常にベタベタしていて、粘りがあります。
味もくどく、甘みがきつかったり、しょっぱかったり、不味い!としか言えない
味であったり色々ですが、決して“美味しい”とは思えない味です。

○ おっぱいが張ってきても流れが悪いので、張ってはいるけど母乳は出ずらい。
乳頭も乳輪も硬いので、赤ちゃんも深くしっかり吸う事が出来ない。
赤ちゃんが上手く吸えないので、母乳も体の外に出る事が出来ず
乳房の中に溜まったままです。

○ こうなると母乳は生産されるけれど、たまる一方。
これが続くと乳房は赤くなって炎症を起こしてきます。
そして 熱を持ってきます。

乳腺炎の始まりです。
ここに細菌がつくと、40度近くの熱が出てかなり痛く赤く炎症を起こします。
細菌性の乳腺炎はこのままにしておくと、あっという間に広がってしまいます。
だから広がりを抑える為に、抗生物質が必要になります。
体はかったるくなり、授乳もきつくなります。
40度近くの熱が出ている時に、3時間事の授乳をする大変さを考えてみて下さい。

乳腺炎の一番の原因は、乳房に母乳が溜まっている事です!

川の流れを思い浮かべて下さい。
水の流れが悪くなって淀んでくると、そこに雑菌が繁殖します。

おっぱいも同じです!

それを防ぐためには、妊娠前からの食事内容が、 かなり重要になります。
そして、赤ちゃんがしっかり深く吸えて、乳房の母乳を飲んでもらえる事です。

その為の手当てとか色々ありますが、それは省きます。

初産の方は、経験がないので甘く考えていて手遅れになり、
乳腺炎を起こしてしまう方が多いです。

特に初産の方は、注意が必要です!
始めてなので、育児にも授乳にも慣れておらず、疲れ切ってしまいます。
体の代謝も悪くなり、疲労と重なり更に乳腺炎の確率が高くなります。

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。 関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-05-04 17:36
お産か終った直後から赤ちゃんとの生活が始まります。

産後は “体力勝負” です!

赤ちゃんは自分の要求を泣いて訴えます!
時間なんか関係ありません!
お母さんが “寝不足”をしていようが、“疲れて” いようが
“体調” か悪かろうが関係ありません!

お母さんになった人は、それに全て対応していかなければなりません!
それには凄い体力がいります。
特に “初産” の人は、その現実を突きつけられアタフタしてしまいます!
“何で泣いているのだろう?” “これでよいのだろうか?”
“どこか具合が悪いのではないのか?” “どうしたら良いのだろう?”
と心配もつきず、精神的にも緊張か続き、“体力” “気力” 共に
消耗して疲れ切っているお母さんが結構います。

“体力” がない人は、それらを乗り切るのに余計 苦労します。
それらにしっかり対応していくためには、
赤ちゃんが生まれてからでは遅いのです。

妊娠前、妊娠中から体力を作っていく必要があります!

それには普段から “毎日” 体をよく動かしておく事です!
掃除でも料理でも洗濯(今は手洗いをする人はいなくなりましたが
手洗いでするといいです!)でも、何でもよいから “体力を作るんだ!”
という気持ですると良いです!

日本には昔から “トイレ掃除をするといい子が生まれる!”
と言う言い伝えがありました!
これは理にかなっています!
昔の人は体験的に知っていたのです!
スクワットの姿勢で力を入れて拭き掃除をする事で、
体力をつけるだけでなく、下っ腹に力が入る事で
赤ちゃんが下がりやすくなります。
(ちょっと脱線しますが、筋力がついて子宮の出口をピシッと締め
赤ちゃんが下がって来ていたら、お産は短い陣痛で生まれやすいです!)
毎日汗をかく位しっかり歩く事もいいです!

とに角、“筋力”や “心臓の力” “肺活量” などをしっかりつけておく事です!
体力がついてくると、“心の力” もついてきます!

楽な事を選ばず、“産後の為に自分を鍛えるんだ!”
という気持ちで向き合う事です!

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》






[PR]
by osan03 | 2015-04-06 03:54 | お産
家庭訪問に言った時、お聞きしたおはなしです。
3歳と1歳近くの子供2人を連れて、公園に言った時
滑り台に子供達が並んでいたそうです。
その 先頭で滑っていた子供が 順番を守らず
降りるとまたすぐ滑っていて、次の子が滑れない状態だったそうです。
その子の母親は、お母さん方とお話をしていて
自分の子供を全然見ていなかったそうです。

次の子が、たまりかねて叩いたそうです。
そうしたら、その子はお母さんの所へ行ってそれを話したそうです。

それで、叩いた子は 自分のお母さんに叩かれたそうです。

これをお聞きして、“これは(叩いた子が、自分のお母さんに叩かれるのは)まちがっている! と、思いました。
お母さんに叩かれた子は、なぜ叩いたかを
誰かがフォローしてあげなければなりません!

そうでなければ 叩いた子の心が歪む!
叩かざるを得ない状況にあったのだから…。

同時に、自分の子供が何をしているか? 全く関心を示さず
自分の好き勝手にさせて、お母さん方とダベリングをしている親は
自分の子供と “心が繋がっていない!”
そして、こういう親は問題がある!

同時に自分の子供が“事故”にあう確率の高い親でもある!

お話しして下さったお母さんには、
そういう 場面を見た時、その叩いた子供を
フォローしてあげて欲しい事をお話ししました!


《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》






[PR]
by osan03 | 2015-03-26 15:28

料理の味!

料理には作った人の心が入ります!

“仕事だから”と事務的に作った人の料理は、味に深みが無く薄っぺらな味がしてこくもありません。


“忙しい”と気持ちにゆとりが無く焦る心で作った人の料理は、表面的で深みが無く 時に辛さもあります。

“イライラ、カリカリ”して作った人の料理はやはり薄っぺらで辛さがあります。


“美味しい料理を食べさせたい!”と心を込めて作った人の料理の味は、柔らかい深みとこくがあり、人を惹き付けて離しません!


同じ食材、同じ調味料、同じ手順を踏んでも、料理を作る人により、味は全然違ってきます!

一口 口に入れた時、その料理を作った人がどんな心で作ったかが、何となく分かってしまいます。


人生経験豊富で、決してでしゃばる事も無くお嫁さんをサポートし、孫の面倒も見ているような人の作ったおにぎりは、口に入れて食べているだけで嬉しくなり、心が充実してきます!


“お袋の味” と言う言葉がありますが、これが分かる気がします!
小さなお子さんを育てているお母さんは、心を込めて手作りの料理を作ってあげて下さい!

スーパーで買った食品ばかりでは、子供に親の心は伝わらなくなってしまいます。


(自分で色々な心の状態を作って、調理してみると面白いですよ!味が違ってきます!)



(多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。
関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!)
[PR]
by osan03 | 2015-03-11 01:40

お母さんは希望の星!

家庭訪問をしていると、湿疹が出ている赤ちゃんに
ちょくちょくお目にかかります。

赤ちゃんは不機嫌にぐずりながら、手をバタバタ動かして顔に持っていきかきむしっている。
赤ちゃんの苦しむ姿を母親が直視する事は、かなりきつい事です。
けれども その現実から目を反らしてはいけません!

“なぜ そうなったのか?”

物事にはすべて原因があります!

今、日本人が年間摂っている添加物は、平均7kgと言われています。
赤ちゃんを生んだお母さんも例外ではありません!
お母さんが体に入れた材料を使って、赤ちゃんの体が作られてきました。

家庭訪問で湿疹のある赤ちゃんのお母さんに、妊娠前・妊娠中の食生活を聞いてきて
共通していた事は、 “添加物の多い食事をして来た” と言う事でした。

今、添加物入り食品はお店に溢れています。

今自分が食べている物が、赤ちゃんにどのような影響をもたらすのか?

お腹に赤ちゃんがいる時は、直接赤ちゃんを見ている訳ではないので
なかなか実感が乏しく、気にせずに添加物の入っている物を
ドンドン食べてしまっている事が多いです!

ところが 赤ちゃんが生まれて見ると、過去の結果として自分の目の前 に
“湿疹で痒がっている赤ちゃん” がいます‼

赤ちゃんを育てていく為には、これは常に目にしなければならない
避けられない “現実” です‼

でも 、この “心のどん底” は自分と赤ちゃんにとって 生きていく上での
大きな “チャンス” でもあるのです‼

この 乱れた食品が 自分の回りにあふれ返っている時代に、
“それらを食べたらどうなるか? ” を 赤ちゃんが自分の体で教えてくれている‼
それを知り、“どうにかしてあげたい‼ ”とお母さんが腹の底から思う‼

《 その時お母さんは、自分の食事の好みを度外視して、
赤ちゃんの湿疹を良くする為の食事に切り替える方がいます‼ 》

これが重要なんです‼

これは誰でも出来る訳ではありません‼

赤ちゃんを生んだ事のない方には簡単に出来る事ではありません‼

そこまで “母親” は真剣になれるのです‼

質の良い母乳を出して赤ちゃんに飲ませる為に、
お母さんは必死になって食事を改善します‼
詰まらない物、添加物の入らない物を選んで涙ぐましい努力を始めます‼
見ていて頭が下がります‼

この努力を普通に生活している方が出来るでしょうか?
ほとんどの方は出来ません‼
試しにやってみると分かります‼
これをしなければ自分が死んでしまう‼とか、せっぱ詰まった方は
出来るかもしれませんが、それ以外の方はまず出来ません‼

その決断を赤ちゃんを生んだお母さんはやるのです‼
凄い事です‼
今迄 何人ものお母さんがこれをやりました‼
そして赤ちゃんは徐々に湿疹が少なくなり、やがて消えていった‼
(ステロイドは使っていません‼)

この現実を目の当たりにして “お母さんは凄い‼ ”と実感しました‼

この生活を赤ちゃんが断乳をするまで続け
この結果、お母さんの “味覚 ”は正常に戻り、
母乳生活から解放され いざ以前 “美味しい” と思っていた物を食べた時、
“味覚” が変わってしまい “まずい”と思い食べられなくなった方もおります‼

本来持っていた “正常” な感覚に戻ったのです‼

この結果 お母さんは以後 “体に良い”食品を選ぶようになります‼

これが これから成長していく子供達にどれだけの影響を及ぼすのか‼
それは社会を見ていると察しがつきます‼
今、子供達は“感情”も“感覚”も狂って多くの問題を起こしています‼
自分はこの根底に “家庭での食生活の乱れがある” と思っています。
なぜ思うようになったか? と言うと、
家庭訪問をしていて、乱れた幼い子供達の食事を改善指導していくと、
子供達が日に日にドンドン変わっていく姿を目の当たりにしたからです‼
感情の乱れがなくなり安定して、自立心が出来てきます‼
子供は体がまだあまり汚れていないので、結果の出るのが早いです‼

この重要な時期に 赤ちゃんを生んだお母さんは係わっているのです‼
この日本の将来を担っていく子供達の “未来の土台” を確立してあげる重要な役割を持っているのがお母さんです‼

正常な感覚を持った子供達が増えていけば、日本の将来は変わってきます‼

お母さんは 日本の将来にとり “希望の星” なのです‼

自覚を持ち頑張って欲しい‼ と思います。
自分も出来る事は応援していきます‼

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》










[PR]
by osan03 | 2015-03-08 15:59 | 希望の星

梅干しの効用!

家庭訪問でおっぱいトラブルの手当てをする時、全員ではありませんが手作りの梅干を使います。

おっぱいのトラブルのある方を、始めて訪問して手当てを開始する時
感じるのは、血液が汚れていてドロドロしている、という事です。

全員ではありませんが、身体から臭い体臭がする方もおります。
お母さんは、自分では気付いていない方が殆どです!

そういう方の母乳は非常に粘りが強く、手当てをしている手がベタベタひっついてしまいます。
味もくどくまずかったり、甘みがかなり強かったり、塩気がきつかったりと色々です。
決して“美味しい”味ではありません。

お母さんは自分の母乳の “味見” をしている方は殆どおりませんので、
赤ちゃんに飲ませている自分の母乳は “美味しい” と思っている方が多いです。

手当てをしていて、お母さんに “味見 ”をして頂いて始めて自分の母乳の味を知ってシヨックを受ける方もおります。

「こんなまずい母乳を飲ませていたんだ……」と。

この原因は妊娠前、妊娠中の食事にあります。
カロリーの高い油物や、糖分の多い物、そして乳製品の摂りすぎです!

お産は妊娠中どういう生活をしてきたかの結果ですが、おっぱいも同じです!
どういう食生活をしてきたか? の結果です!

もう “過去”には戻れませんので、ではこれからどうしていくか!が重要になります!

自分がおっぱいトラブルのある方の手当てをする時、まずやる事は
どんな食事をしてきたか?をお聞きします。
そしてどこを改善するかをお話しします。
そのうえで、手当にはいる時早急にする事は、詰まりを起こす食事を全てカットします。
そして手当てをしている早期の段階の食事は 『お粥』(白米に2割の雑穀を混ぜた雑穀粥か、
玄米粥)と具沢山の味噌汁(白色野菜+緑黄色野菜+大豆製品+根菜類+海藻)、漬物(添加物の無い漬物、自分で作っても良い)、砂糖を使わない煮物少し、そして梅干を使う事が多いです。

梅干は手作りの梅干にします。
その辺のスーパーで売っている梅干は、添加物が入っていて かえって害になります!
添加物の入っていない梅干は、自然食品店でも売っていますが、
自分で作った梅干の方が美味しいですし、安上がりです!

梅干は一日2個〜3個食べて頂きます!
その他に梅干を白湯か水1.5〜2ℓに1個といて一日分として、たえずチビチビ
と飲んでもらいます!
食事は腹八分目にしてよく噛んでもらいます!
授乳をしていますのでお腹がすく事が多く、お腹が空いたら食べてもよいのですが
必ず腹八分目にしてよく噛む事をして頂きます!

梅干は胃腸の調子を整え、消化を良くしてくれます!
そして血液をアルカリ性にして浄化してくれます!
その他にも多くの働きがありますがそれはあとで、

この生活を3日続けていると体に変化が起きてきます!
身体の臭い匂いが消えてきます!
身体が軽くなり始めます!
肩凝りや頭痛が消える方もいます!
初めて今までの自分が “体が重くてスッキリしていなかった! ”と気づき始める方が多いです!

食事も重要ですが、 梅干の働きが大きい!と自分はお母さん方を見ていて感じます。

何故それを感じるか?
それは自分が毎日手作りの梅干を食べていて、自分の体の変化を感じ取っているからです。
まず、自分が自分の体でやってみる!
それで始めてお母さん方の変化をも感じられるようになります!

1週間この食事を続けていると、母乳はサラサラした綺麗な母乳になります!
お母さんの体もスッキリしてきて、見た感じが以前と全然違ってきます!
手当てもやり易くなります!

梅干は自分の体の健康のためにも、
そしてお母さん方の手当てにも欠かせない必需品です!

東城百合子先生の「手作り食品」から梅干の効用を一分抜粋しましたので参考にして下さい!
そして皆様方にも、本物の梅干を知って頂きたいと思います!
普通のお店で売っている梅干は、添加物で柔らかくし 天日にも干していません!
一口 口に入れたら、“添加物が入っている! ”と自分はすぐ分かってしまいます。
味も不味く、体によく無い!と体が拒否してしまい食べられません。

では、東城百合子先生の『手作り食品』『あなたと健康社 』(定価1400+税)から抜粋します!

梅干の効用はちょっと考えただけでもずいぶん多い。
下痢・胃腸病一切・公害物質を体外に排出したり老人性疾患として恐れられてる動脈硬化、脳溢血、神経痛、リウマチなどを予防し、乳酸、酪酸など血液の酸毒を中和、解毒してカルシウムの吸収を助けます。 … 中略…
アルカリ性食品、血液の浄化力があり、強力な殺菌力がある、唾液腺ホルモン(パロチン)の代謝を活発にさせる。……中略……
この梅のクエン酸は放射線性物質であるストロンチウム90と結合する性質があってストロンチウムを体外に排出させ、更には他の公害物質を排出させるためにも役立つ事がわかってきました。
……後略……。

その他にもまだまだ色々あります!
関心を持たれた方は、自分で購入して勉強して下さい。

日本人が、先祖代々引き継いできた健康食品 “梅干”は本当に貴重な食品だと、
自分も思っています!
自分は毎年 1 年分、春に作ります。
去年は 35kg 作りました。
手を掛け心を込めて作ると、“味”も変わりますよ‼

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。
関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-02-12 22:16 | 梅干しの効用
今日、長澤健康院の長澤先生のお膳立てで、妊産婦さんをメインに
お話しする場を作って頂きました。

普段なかなか、自分の思っている事を発言できる公の場がなく、
この企画を立てて頂きありがとうございました!

自分の話す事は、保健センターや母親学級で話している内容とは、
かなりかけ離れています。

現場の中から、赤ちゃんや妊産婦さんに教えられた事が殆どです!
ですからテキストも無く、ただ “ これは子育てしていくうえで必要な事だ!”
“ 生きていくうえで必要な事だ!”と自分が思った内容になります!

厚生労働省の “妊産婦さんの指導マニュアル” に添っていませんので、
保健センターなどの仕事につく事はできません。

けれども、現場は10人といろ、色々な赤ちゃんがいて、色々なお母さんがいます。
“十把一絡げ”には出来ません。
マニュアル通りにはいきません。
ですから自分は“自分が思った事、考えた事”を“一匹狼的”にやっています。

その中で、様々な実例にも出会いました!

今回、その実例も織り交ぜてお話しさせて頂き、
来て頂いた皆様に、“子育てに役立つもの ” “生きていくうえで役立つもの ”が
少しでもあって下されば、自分もこの型破りなお話をさせて頂き良かった!と、思います!

長澤先生にも、枠を作らず自分の好きなようにお話しさせて頂き本当にありがとうございまし
た!!!。

これからも現場に入って行き、現場が教えて下さる事を吸収して仕事をしていこう!と思っています!
[PR]
by osan03 | 2015-02-04 17:37