妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

今日、食事を通して人々の健康を指導していらっしゃる
女性の先生とお話しする機会がありました。

その先生は畑もやり鶏も飼っていらっしゃる!
鶏は雄鶏も飼っているので、卵は “有精卵” だそうです。
鶏は自分で雛を孵(かえ)し、その中には雄鶏も結構生まれてくると。
雄鶏は卵を生まないから、やがて “肉” になる運命が待っています!

先生の所にはお母さんや子供達も、見学や 指導を受けに来られるようです。

自分達が “ 食事をする! ” という事はどういう事か!

を知って頂くため、お母さんや子供達が見ている所で、
雄鶏を殺す所からやるそうです!
お母さんの中には、 “残酷だ” と目を背ける人がいるそうです。
しっかり見ていた子供達は、きちんと 鶏肉を食べるそうです!

自分が子供の時も田舎だったので、雄鶏と雌鶏を放し飼いで飼っていて、
雄鶏はお正月に向けて、年末に殺して “鶏肉” にしていました。

首をはねられた雄鶏は、真っ白い雪の上を血で染めながら
バタバタもがいて暴れ、やがて動かなくなりました。
それを茹でて羽をむしって “肉” にしてお正月の料理に使いました。

人が “ 物を食べる!” とは、“生き物の命を食べる!”と言う事です!

目を背けたお母さん、自分が食べている肉は、
🐓であれ、牛であれ、馬であれ、魚であれ、全てのモノはこのように “そのものの命”
を殺して “ 肉 ” にしているのです!
それを人間が食べているのです……。

殺される動物は、自分が殺される事を察知して強い恐怖を持ち、
激しく抵抗します……。

自分が食べる物は、単なる “物質” では無く、
このように元は “ 命ある生き物だった!” と言う事を自覚して欲しいと思います!
野菜にしても同じです!

これを自覚したら、食べ物を粗末にして捨てたり、
自分の好き放題に食べたりは出来なくなってきます。

それらは皆自分と同じ “命ある生き物” だったのですから。

子供達の方がこの現実を、お母さんより素直に受け止めているようです!


[PR]
by osan03 | 2015-05-27 21:49
私はネットの中をあたこち情報を探して見る事があります。
そこでとても “怖い” 記事を見つけてしまいました!

自分でも、“ 肉”や“ “ 牛乳 ” “魚 ” など、以前調べてその危険さを
ある程度認識していましたが、今回見つけた記事は、
自分の調べたものは、“まだ甘かった!” と思わせる内容でした!

商品になってしまえば、スマートで安心な感じがしますが、
その、“商品になる前の過程” でとても怖ろしい “ 事実 ”があります。
もっと “ 裏側 ” の事実を自覚して、皆さんにも深く考えて頂きたい!
と思いましたので、その記事をご紹介しようと思いました。

『 自然食と健康』 を検索すると項目が色々出て来ますが、
その中の 『 自然食と健康 -ocn 』を開いて見て下さい!
その中の 「 5 食べないほうがいい 」 を見て下さい!
今 赤ちゃんを育てている方には、“衝撃的な事実 ” もあり
ショックが強すぎるのでは………、と思われるのですが…、
受け止める自信の無い方は見ないで下さい。

“ 事実を知って欲しい” という気持ちと、“衝撃が強すぎるのでは”
という気持ちの両方です。
赤ちゃんを育てているお母さんには、どうするか 判断をお任せします。

[PR]
by osan03 | 2015-05-25 00:10

白魚の指と食事

妊婦さんで白魚の指のような人がいます。
力仕事を何もして来なかったような体で、足の筋肉も無く
一見 スマートで、見た目には良いかもしれませんが
お産を考えると、“ 大丈夫なのか? ” と思ってしまいます。
このような人が、焼きそばとか焼肉とか、肉類や油炒めを多食すると
体調を崩してしまう事があります。
筋肉が無いので熱の生産が悪く、そのうえ油物や肉類を多食しているので
血液を酸性にし、消化の過程で老廃物を出し血液を汚します。
代謝も悪いので、身体の末梢の血液循環も悪くなっています。

身体の中心部の体温は高いけど、手足などは冷たい、という人もおります。
身体の表に出た所は、見て触れるので分かりやすいけれど
身体の内部は直に見て触れませんので、“身体の不調” という形で自覚されます。

身体の不調がある所は、必ず新陳代謝が悪くなっています。
要するに
身体の隅々まで栄養を届けて、末梢に出来た老廃物を運んできて
体の外に出す! という事がスムーズに出来なくなっているのです。

原因は色々あるかも知れませんが、食事の占める割合は“かなり高い” と思います。

何故そう思うかといえば、今までも体調の悪い人に対して、
食事を “和食” に切り替えてもらっただけで、“体調が改善した!”
ケースがたくさんあるからです。

妊娠してから筋肉をつけるのは難しいですが、
せめて食事を “和食” ( ご飯→白米なら雑穀を2割混ぜる。又は玄米や分づき米にする。
味噌汁は緑黄色野菜や根菜類、豆腐などの大豆製品を入れ、海藻も入れるなど、具沢山味噌汁にする。
それに煮物や漬物→自分で作る!売っている物は添加物のオンパレードです!
プラス何か少々。)

比率は 「 穀物5割・野菜や海藻2割・動物蛋白1割」 です。

おかずを食べ過ぎない事です!
これだけで体調はかなり改善されてきます!
これに体をよく動かすことをすれば、新陳代謝もUPされる事でしょう!
白魚の指のような人で、体調の悪い人もこれを “ 実行 ” すれば、
かなり改善されるはずです!

《これは他の人にも 同じ事が言えます!》

[PR]
by osan03 | 2015-05-22 03:16

自分を取り巻く環境!

誰にも自分を取り巻く環境があります。

最近、自分を取り巻く環境は自分が原因だ!
と、つくづく思いました!

どんな人も、心がいつも平安だ!という事はありえません!
自分もそうです。
自分の場合、思いが強いのでそれが強く出てしまいます。
疲れも溜まり神経がピリピリしていた時、
腹の立つ事があり相手を激しく攻撃してしまいました。
その後、職場に絡むトラブルが起きました。
自分の欠点がもろに出た出来事でした。

自分の欠点が表に出て、自分をより深く自覚し
“これを変えていかなければ駄目だ!”と、思いました。
こんな積み重ねが自分を変えて行くのだ!と思います!
自分は “変わろう!”と思いました。
人に “ 直しなさい ” と言われても、自分が自分を自覚していないと
人は変われるものではない!とも思いました。

自分の心のままが自分の回りに起きてくる!

自分の回りにもよく注意を受けやすい人や、人から文句を言われやすい人がいます。
そんな人は、その人の心に問題があります!
他の人の事はよく見える!
自分の事は、事が起きてからでなければ見えない事が多い!

問題が起きたり 注意された時は、まず自分を振り返ってみる事が大事ですね!

一度だけ、不思議な体験をした事があります。
自分の心のままに “空間が歪んでカーブしていた” のが見えた事があります!

自分の心が作り出した空間に乗って、人は生きているんだ!
と、思いました。
何かあると、今でもその時の事を思い出します!

自分の回りの環境とは、自分の心が作り出した環境でもあるのですね!
自分の心が変われば、自分の回りの環境も変わっていくのだと思います!


[PR]
by osan03 | 2015-05-18 06:53

逆子( 骨盤位 )の人

妊娠中に赤ちゃんが “逆子(骨盤位)” になる方がいます。
小さなうちは お腹の中でクルクル動いている事もありますが、
妊娠8ヶ月頃になっても、赤ちゃんの頭が下にならずに常に上を向いていると
そのまま “固定”して、“逆子” になってしまう事が多いです。

“逆子”になっている方を気をつけて見ていると、
下半身からお腹にかけて冷えている方が多いです。
足首から大腿を触ると “温かさ” が無く、冷ャッとしています。
そこまでいかなくとも、“ぬるい” お湯に触っている感じの人もいます。

本人は自分が “冷えている” という “ 自覚 ” が無い人が殆どです。

お腹が張って入院してきた時、布団をかぶせて暖めてあげてしばらくすると、
やっと “ 温かさ ” が出てきます。
いつも冷やしているので自分が “冷えている” という自覚がないようです。

お腹の中は、本来38度以上はあるはずですが、こういう方は、
ずっと低くなっていると思われます。

こういう方の服装は、今はやりの “足首 ” までの靴下をはいていたり、
タイツ1枚だったり、ズボンの下に何もはいていなかったり、
とに角 下半身の “保温” が全くなっていません!

これではお腹が冷やされてしまいます。

赤ちゃんは自分の “意志” を持っていると思っています。
頭が冷やされる事が 嫌なんだ! と思われます。
それで少しでも温かい方に頭を向けるのではないか! と思います!

逆子の原因は子宮の構造や、精神的な原因など、
他にも原因があるのかも知れませんが、
まずは下半身の冷えを改善して、いつも ホカホカと温かくしてみる事を
やってみる事です!
同時に、足の小指の爪のつけ根( 爪のはえぎわ)の外側を
“ もぐさ ” でお灸をする事をお勧めします。
冷えている人は、ここにお灸をしても “ 熱い ”と感じないです。
“熱い” と感じるまで一日2〜3回お灸をしてみる事です!

赤ちゃんが大きくなってしまうと、お腹で回転する事ができず
“ 逆子 ”のまま固定されてしまいます。
今は逆子になると、危険なリスクを持ったまま
下から生ませてくれる産婦人科は殆ど無く、帝王切開になります。
ですから赤ちゃんが大きくなる前に、固定される前に、
直す事を頑張らなけれはなりません。

それと “女性の ツボ ” と言われている “足首の内くるぶし”
(足首の内側の突起がある部分の中央に自分の小指を当てて、
人差し指《 指4本の外側》の外側)の外側にもお灸をした方がいいです!

今はやりの足首までの靴下は、大事なこの部分を冷やしてしまいます!
妊婦さんは、足首までの靴下を決してはいては駄目です!

又、お腹で赤ちゃんが冷やされると、赤ちゃんの動きは
ピンピンと角のある胎動になります!
赤ちゃんがゆったりと気持ち良い状態の時は、
胎動はモコモコとした緩やかな動きになります!
お風呂に入っていて温まり、気持ちの良い時の緩やかな動きです!

生野菜や果物の取り過ぎも体を冷やします!

妊娠中は、いかに体を温めるか!に気をつけるべきです!





[PR]
by osan03 | 2015-05-16 07:42

低気圧(台風)が来た!

昨日は台風が来ていました。
低気圧が来ている時は、赤ちゃんが生まれやすいのですが、
その中でも 低気圧の親分、台風が来ている時のお産は早く進む気がします!
まだ データーが少ないので確かな事は言えませんが、
お産が短時間で終る気がします!

台風の日 夜勤でした。
経産婦さんが夜入院して来たのですが、あれよあれよという間に
進んで、3時間かからずに生まれてしまいました!
翌朝、又経産婦さんが入院して来ました。
この方も、あっという間に進んで来て、
陣痛開始から3時間かからずに生まれてしまいました!
台風が近づいて来ていた、台風の前日に来た方は、
初産であったけれど、来た時はほぼ全開大で
そのまま分娩室に直行して生まれたそうです!

自宅分娩をやっていた時にも経験があるのですが、
強風吹き荒れる 台風のど真ん中に陣痛が来て、
この方も3時間かからずに生まれてしまいました!

まだデーターが少ないので、絶対とは言えませんが
台風の超低気圧には、お産に何らかの作用が働くのではないか!
と思います。



[PR]
by osan03 | 2015-05-13 22:43

今の時代とは

妊娠・出産・母乳・育児、これらを良い状態にしようと思ったら、
共通の “基本” があります。

一番の “ 基本 ”は普段の自分の生活にあります!

自分が何もしないで “棚ぼた式” の良くなる方法はありません。
“食事” “生活リズム” “体を動かす(運動を含む)” “自分の心の状態”
以前のブログにも何度か書いてきましたが、
まずはこれらを見直す事から始めるべきです。

“自分の体調が思わしくない”“お腹の赤ちゃんの成長に問題がある”
“母乳がうまくいかない”など、それらは全て 自分のしてきた生活の結果です。
妊娠前から、あるいは妊娠中を通して 、自分がしてきた生活習慣が
現在の自分を作っています!

自分が自分を作っているのです!

問題が起きた時は、謙虚に自分を振り返る心が必要です!
自分を振り返る事無く、他に助けを求め、どうにかして!と言うのは
順番が違います。
けれども今は、自分を振り返る人が本当に少なくなった………。
自分の調子の悪い事や痛みはドンドン訴えて、
これをどうにかしてと、他に助けを求める………。
人の都合を全く考えず、今の自分の事が一番。

“ 自己管理” というものが極わずかな限られた人以外 無くなってきた………。
自分の健康も人任せの人がかなり多い。

たとえば、自分の体重が増え過ぎた事を言われると不機嫌になったり、
何かを注意されても自分を振り返る事無く、逆に反感を持ったり、
ご機嫌を取りながら物を言わなければ機嫌を損ねてしまう、などなど…。
そして、具合が悪くなったら人に助けを求める………。

子供の時から 注意されたり、叱られたりして来なかったから、
チョット言っただけで、全く免疫が無い人も今は多い。

そして日常の生活でも、子供の時から家の中の家事をしてきていない人が多く
そんな人は人の苦労が分からず、自分が何かをしてもらって当たり前
という感覚がある。
お金を払っているんだから、やってくれて当たり前という感覚。
“感謝する”という心の無い人もいる。

何という時代になったのか………。

このまま行ったらどこへ行くのか………。

必ずしも全員がそうだ!というのでは無い。
キチンとやっている人もいます!
これからの時代、している人とそうでない人は ハッキリ別れて行くのだろうか?

この時代は、これからどういう経過を通って行くのか?
見て行きたい!と思う。

☆ 虚しさを感じる時があります。。





[PR]
by osan03 | 2015-05-11 01:20
社会で生きていくには、人との付き合いは避けて通れません!

世の中には色んな人がいて、表も裏も同じ人や、表と裏が別な人もいます。
厄介なのは、表と裏が別な人。

どんなに立派な事を言い、うまい事を言い、あるいは言い訳をしようと、
その人の心が、その言葉とは別な所にある人がいる。
中には、自分自身でさえそれに気づいていない人もいる!

その人の “本心” がどこにあるかを知るには、言葉はいらない!
ただ ジッとその人のやる事を見ているとよい!

その人の取った行動こそが、その人の “本心” である!

何故なら、“心底 思った事” が行動となるからだ!

その点、赤ちゃんや小さな子供は正直だ!

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-05-07 17:46

乳腺炎の原因

これについても どこかで書いたと思いますが、再び書きます。

○ 妊娠中、妊娠前に高カロリーの詰まる物をたっぷり食べた。
牛乳を始めとする乳製品、動物脂肪のたっぷり入った物、糖分の入った物をたっぷ
食べた。 勿論、この中には果物も入ります。果物も甘いです!
これで乳腺炎を起こす材料は出揃いました。
(稀に これ以外の原因でなる事もあります。)

○ こうなるとおっぱいの奥には、硬いしこりがすでに出来ています。
そこは詰まりがあり血液の循環も悪く、おっぱいの流れも悪くなっています。
母乳は非常にベタベタしていて、粘りがあります。
味もくどく、甘みがきつかったり、しょっぱかったり、不味い!としか言えない
味であったり色々ですが、決して“美味しい”とは思えない味です。

○ おっぱいが張ってきても流れが悪いので、張ってはいるけど母乳は出ずらい。
乳頭も乳輪も硬いので、赤ちゃんも深くしっかり吸う事が出来ない。
赤ちゃんが上手く吸えないので、母乳も体の外に出る事が出来ず
乳房の中に溜まったままです。

○ こうなると母乳は生産されるけれど、たまる一方。
これが続くと乳房は赤くなって炎症を起こしてきます。
そして 熱を持ってきます。

乳腺炎の始まりです。
ここに細菌がつくと、40度近くの熱が出てかなり痛く赤く炎症を起こします。
細菌性の乳腺炎はこのままにしておくと、あっという間に広がってしまいます。
だから広がりを抑える為に、抗生物質が必要になります。
体はかったるくなり、授乳もきつくなります。
40度近くの熱が出ている時に、3時間事の授乳をする大変さを考えてみて下さい。

乳腺炎の一番の原因は、乳房に母乳が溜まっている事です!

川の流れを思い浮かべて下さい。
水の流れが悪くなって淀んでくると、そこに雑菌が繁殖します。

おっぱいも同じです!

それを防ぐためには、妊娠前からの食事内容が、 かなり重要になります。
そして、赤ちゃんがしっかり深く吸えて、乳房の母乳を飲んでもらえる事です。

その為の手当てとか色々ありますが、それは省きます。

初産の方は、経験がないので甘く考えていて手遅れになり、
乳腺炎を起こしてしまう方が多いです。

特に初産の方は、注意が必要です!
始めてなので、育児にも授乳にも慣れておらず、疲れ切ってしまいます。
体の代謝も悪くなり、疲労と重なり更に乳腺炎の確率が高くなります。

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。 関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-05-04 17:36