妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2015年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

食べ物の命!

食べ物には 命があります。

自分は小さな時から食事をする時は必ず “正座” でした。
そして、米の最後の1粒まできれいに食べるまでは
“ご馳走様” はできませんでした。

小さなうちから “食” に対する “姿勢” と向き合う “心” を
植えつけられました。
“食”は神聖なものでした。
小さなうちはよく分からないけれど、それは習慣化されました。

今でも食べ物に対する “心” は続いています。

“食べ物” は、単なる “物” ではありません。
人間が 口に入れる物は、元を正せばすべて命ある“生き物” でした。
“牛”も“馬”も“鶏”や“魚”も“野菜”もあらゆる“食べ物”は
生きて自分の子孫を残し、
自分の人生を全うしようとする“生き物”でした。

それが殺され、その “命” を人間が食べています。
人間ほど多くの生き物を殺して食べている者は存在しません!

自分が 他の生き物を殺さないで人任せにしているから、
自分の口に入れる時はすでに加工され、以前は “生きていた!”
という実感が全く無く、単なる “食糧”としか認識されなくなってしまいます。

今、日本の食料自給率は40%に届いていません!
諸外国から多くの“元 生き物” である“食料”を輸入しています。
そして『大切に食べる事無く』、多くの食物が“廃棄処分” として捨てられています!

家庭菜園で野菜を作っていると、野菜達はけなげに生きようとしています!
採って来る時 申し訳ない気持ちになります。
だから出来るだけ 無駄にしないよう 気をつけて食べます。

“命”は、元々は 1つのモノだったのではないか⁈
と、自分は思っています。
それがあらゆるモノに形を変え、分割されたのではないか⁈と、思います!

自分が生きる為に他の“命”を頂く事は、自然の法則ではあるけれど、
他のモノも、生きようとしていたモノ達だから、その“命”を無駄にしてはいけない!
と自分は思っています!

多くの“命”を粗末にしてきたら、そのツケは粗末にした“個人”
そして、粗末にした“国家”にいつか ツケが回って来るのではないか?
と自分は思っています。

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-03-29 08:29 |
家庭訪問に言った時、お聞きしたおはなしです。
3歳と1歳近くの子供2人を連れて、公園に言った時
滑り台に子供達が並んでいたそうです。
その 先頭で滑っていた子供が 順番を守らず
降りるとまたすぐ滑っていて、次の子が滑れない状態だったそうです。
その子の母親は、お母さん方とお話をしていて
自分の子供を全然見ていなかったそうです。

次の子が、たまりかねて叩いたそうです。
そうしたら、その子はお母さんの所へ行ってそれを話したそうです。

それで、叩いた子は 自分のお母さんに叩かれたそうです。

これをお聞きして、“これは(叩いた子が、自分のお母さんに叩かれるのは)まちがっている! と、思いました。
お母さんに叩かれた子は、なぜ叩いたかを
誰かがフォローしてあげなければなりません!

そうでなければ 叩いた子の心が歪む!
叩かざるを得ない状況にあったのだから…。

同時に、自分の子供が何をしているか? 全く関心を示さず
自分の好き勝手にさせて、お母さん方とダベリングをしている親は
自分の子供と “心が繋がっていない!”
そして、こういう親は問題がある!

同時に自分の子供が“事故”にあう確率の高い親でもある!

お話しして下さったお母さんには、
そういう 場面を見た時、その叩いた子供を
フォローしてあげて欲しい事をお話ししました!


《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》






[PR]
by osan03 | 2015-03-26 15:28

不思議!

最近、自分はこんな事を時々思います。

気がついた時には、すでに自分がいた!
自分が自分を作った訳では無く、すでに作られてここにいた!
自分という性格も、意識もすでに有った!
自分がやりたい事もすでにあって、自分は動いていた!

何かによって自分は作られていた…。

これは自分だけでは無く、全ての人 、全ての生き物、
そしてあらゆる物に言える事だ!

遠い昔 恐竜がいて やがて絶滅し、
二度とその生き物はこの地上に姿を現さなかった。
誰がその恐竜を この地上につくったのか?。

やがて時をおいて 人間がこの地上に充満した!
誰が 人間を作ってこの地上に置いたのか?
全て計算され尽くした体を持って!

今は人間がこの地上のあらゆる所に充満している!
これはいつまで続くのか?

やがて人間もこの地上から消え去る時が来るのだろう…。
この地上に 人間を作って置いたモノの、予定時間が来たなら……。
それはいつかは分からない。
いつ迄も続くと思っている人間の時代も
巨大なサイクルの中の一コマにすぎないのではないか…。

今は ただ自分のやるべき事、やりたい事を一つ一つやっていこう。


[PR]
by osan03 | 2015-03-24 18:39
家庭訪問をしていると、訪問先の上の子(3歳くらい)と同じ位の遊び相手の子が
近くの家にいる事があります。
何も無く遊んでいる時は良いのですが、一度(ひとたび)自分の要求が通らないと
泣き叫んで自分の要求が通るまでその場を動こうとしない…。
訪問先のお母さんが、なだめすかしてとても疲れてしまうと言っていました。
お家にいる時もたびたびこのような行動があり、
その子のお母さんはその度に、お菓子やらジュースを与えているらしいと。
他の子と遊んでいてこの状態になっても、
親は出て来ないで知らんぷりしていると…。

母乳やミルクを離れ、食物を食べ始めるようになってから
何をどのくらい食べさせるか? で子供の状態は変わってきます。

小さな時から “お菓子” や“砂糖の入った物” “甘いジュース” を普段から食べさせていると、子供の味覚はそれように変わってきて、
その延長にある物しか食べなくなります。
さらに ご飯などの “穀物” をあまり食べずに “おかず” ばかり食べていると
子供の性格は 食べた物の通りの性格に変わってきます。

自分の要求が通るまで、キーキーと甲高い声で騒ぎ、駄々をこねます。
穏やかな性格からはほど遠い感じです。

これは 食べ物で作られた性格です。
このような子でも、おにぎりなどの “穀物” 中心の和食にして
甘い物や肉類をやめていくと、1週間位で性格に変化が出てきます。

穏やかさが出てきて、キーキーが無くなってきます。
食べ物の好みも変わってきます。

ただ、この状態にするには、家族全員の覚悟と協力が絶対に必要になってきます。

それをしなければ、その子はこの状態を段々エスカレートさせていくでしょう……。

小さいうちは要求も小さいが、
大きくなるにつれ要求も段々大きくなってくるでしょう……。
感情の乱れも段々強くなってくるでしょう……。

今は小学2年生でも、「クソババアー」と言うようです……。

小さいうちは、可愛いからわがままを聞いている。
しかし大きくなるにつれ、小さな子の可愛さも消えていき
自分の我を通す事への反発が親にも出てくる……。
(親子の喧嘩です……。)

どんな事にも原因があり結果がある。
最初の “芽” は小さい。
時が立つにつれ “芽” は大きく育ってくる。

どんな “芽” にして子供を育てるか?

子供の小さなうちから、親にはこの覚悟が求められる。

大きくなってからでは変える為に、大変な努力が必要になるか、
あるいはもう、変える事が不可能になる事もある……。

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》





[PR]
by osan03 | 2015-03-22 07:28

ウンチ(便)

ウンチ、と言うと “汚い” と言うイメージがありますが、
ウンチは自分の健康を知る “重要なバロメーター”です!

自分の “腸内” がどうなっているか? を知る重要な手掛かりになります。

悪臭がする時は、腸内が “悪玉菌優位”になっています。
ウェルシュ菌(大腸の中の物を腐らせる。発癌物質や有害物質を作る。増えるととても臭い!)。
大腸菌(増えすぎると、腸の働きが悪く なる)。
日和見菌〈ヒヨリミキン〉(悪玉菌が力を伸ばすと、悪い働きを倍増させる)。

“善玉菌優位” になっていると臭くなく、玄米を主食にしている時などは、香ばしい良い香りがする事があります!

乳酸菌(腸の働きを活発にして、消化吸収を助ける。免疫力を高める働きがある)。
ビフィズス菌(大腸の調整役。ビタミンを作ったり有害物質をおさえる働きがある)。

善玉菌が増えると、腸の調子が良くなり、悪玉菌が増えると腸の調子が悪くなる。
ただし悪玉菌は外敵菌から腸を守る、と言う大切な役割があり、善玉菌と悪玉菌のバランスが重要!《寄藤文平・藤田紘一郎 著、ウンココロ》より。

朝 食べた物は夜便になって出るのが普通で、この時 匂いや硬さ、形をチェックします!
動物蛋白質の多い洋食をたくさん食べると悪臭がし、穀物中心の和食をしていると
匂いはなくなります。
野菜などの繊維質をたくさん食べると、兎のようなコロコロウンチになります。
疲れやストレスなどで体調が悪いうえ、体を冷やす食事をしていると
下痢便になります。

腸の働きは自分の健康にとつて非常に重要で、腸の調子が良ければ
免疫力もアップします!
細菌などの外敵を寄せ付けなかったり、
侵入されても発病までに至らず、軽く済む事が多いです!

☆ これとは関係ない事ですが、人に対して不満や怒りを持っていて
それを言葉に出さずに抑えていると、その “念” は相手に飛んで行って
相手はスッキリしない感じをもったり、体の不調を起こしてしまう事があります。
相手が心を開いて飛ばしてくる人を受け入れていた時、
その害は強くなります。
相手がそれに気づいた時、始めて飛ばしてくる “念” をカット出来ます!

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-03-21 22:00

生で食べた!

家庭訪問にお伺いしたお家に、今年 小学校に入学する男の子がいます。


その子とは 生後2ヶ月からのお付き合いです。


2ヶ月頃から湿疹が出来はじめ、やがて胸・お腹・両手・背中・両足と全身に広がり、今で言うところの“アトピー”ですね。痒くてかくと、ジクジクと汁が出てただれ、それもほぼ全身に広がっていった。


ただ、この子お母さんは 非常に真剣な方であったので、自分が知っているある先生を紹介しました。


その先生の元で徹底的な食事療法を始め、赤ちゃんには何もせず、ただ行った事は、“質の良い母乳を飲ませる” 事だけだった!


お母さんは、時には腸をきれいにするため授乳中であっても“断食”をしなければならなかった!


一進一退を繰り返しながら、その子の湿疹は徐々に良くなり、1歳半で完全に消えてしまった!


赤ちゃんには一切薬を使わず、母乳一本で全身の湿疹を消してしまった!


これには紹介した自分がびっくりした!


それと同時に、その子のお母さんの大変だった努力に頭が下がり、又お母さんの我が子を思う“底力”の凄さを目の当たりにしました!


お母さんは酵素を摂るため、先生のメニューに従い、生の野菜や果物も結構摂っていました。

1歳半で湿疹が完治してから今まで、湿疹はほとんど出なくなりました!


勿論、普段の食生活が良い!と言う事もあります!


下に次の子が誕生したので、又私はおっぱい手当てに通い始めたのですが、最近 自分の家庭菜園で採れた、つぼみの小松菜などの菜っ葉を摘んで持って行きました。

勿論、無農薬で化学肥料や有機肥料も使っていません。


その菜っ葉をその子は“美味しい”と生でムシャムシャ食べました!

お母さんも美味しいからと生で食べるそうです。


菜っ葉はお浸しで食べる物、と思っていた自分はこの時初めて生で食べられる事を知り、お家に帰ってから生で食べてみました。


美味しかった!

それからはどんどん生で食べています!


又これを通して、赤ちゃんの時にお母さんが食べていた物で作られた母乳を飲んでいた事が、その子の将来の食事を左右する!という事を実感しました!


☆ この子は 人の本質を瞬時に察知する力、感覚が鋭いです!



《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。 関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》

[PR]
by osan03 | 2015-03-17 05:02

おっぱいの効用!

おっぱいは、母乳を飲ませるだけのものではありません!

母乳を飲ませ、栄養を与えて赤ちゃんを大きくするのも
一つの重要な役目ではありますが、
その他に、赤ちゃんの “ 心の安定 ” の為に必要です!

“母乳が出ないから” とミルクに切り替えて、
おっぱいを吸わせなくなる方が結構おりますが、
もったいない事です。

たとえ母乳の出が少なくても吸わせて良いのです!

お母さんと赤ちゃんのコミニュケーションの場であり、
赤ちゃんが “全身で お母さんを感じる” 重要な場であるのです‼

その時、話しかけて抱いてあげて下さい!

お母さんのおっぱいを吸う時、赤ちゃんはお母さんの腕の中に抱かれます!
そして話しかけてくれます!
お母さんが “愛おしい” と思っている心は赤ちゃんに全部伝わります!
お母さんの匂いを感じ、お母さんの瞳を眺め、
お母さんの肌のぬくもりを感じる‼

赤ちゃんにとって、ここは最高の “特等席” なのです!

4~5歳になり母乳を吸ってた子がいました。
外で遊んでいて何かあったのか、
ワァーっと泣いて家に入って来ました。
そして “おっぱい! ”と言っておっぱいを吸っていました!
もう母乳はそんなに出ていません。
その子は 吸う 、と言うより ただ胸に抱かれてしゃぶっている感じでした!

その時お母さんは何も言わず、ただ無条件で全てを受け入れて
優しく抱いていました!

少しして落ち着いたら、その子は又、バーッと遊びに行きました!

この行動の中に、おっぱいの持っている もう一つの役割が
ハッキリ示されています‼

だから母乳だけでは飲む量が足りなくても、
“心の栄養 ” を与える為に自信を持って吸わせて良いのです‼

《 多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします! 》




[PR]
by osan03 | 2015-03-14 08:03 | おっぱい

料理の味!

料理には作った人の心が入ります!

“仕事だから”と事務的に作った人の料理は、味に深みが無く薄っぺらな味がしてこくもありません。


“忙しい”と気持ちにゆとりが無く焦る心で作った人の料理は、表面的で深みが無く 時に辛さもあります。

“イライラ、カリカリ”して作った人の料理はやはり薄っぺらで辛さがあります。


“美味しい料理を食べさせたい!”と心を込めて作った人の料理の味は、柔らかい深みとこくがあり、人を惹き付けて離しません!


同じ食材、同じ調味料、同じ手順を踏んでも、料理を作る人により、味は全然違ってきます!

一口 口に入れた時、その料理を作った人がどんな心で作ったかが、何となく分かってしまいます。


人生経験豊富で、決してでしゃばる事も無くお嫁さんをサポートし、孫の面倒も見ているような人の作ったおにぎりは、口に入れて食べているだけで嬉しくなり、心が充実してきます!


“お袋の味” と言う言葉がありますが、これが分かる気がします!
小さなお子さんを育てているお母さんは、心を込めて手作りの料理を作ってあげて下さい!

スーパーで買った食品ばかりでは、子供に親の心は伝わらなくなってしまいます。


(自分で色々な心の状態を作って、調理してみると面白いですよ!味が違ってきます!)



(多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。
関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!)
[PR]
by osan03 | 2015-03-11 01:40

お母さんは希望の星!

家庭訪問をしていると、湿疹が出ている赤ちゃんに
ちょくちょくお目にかかります。

赤ちゃんは不機嫌にぐずりながら、手をバタバタ動かして顔に持っていきかきむしっている。
赤ちゃんの苦しむ姿を母親が直視する事は、かなりきつい事です。
けれども その現実から目を反らしてはいけません!

“なぜ そうなったのか?”

物事にはすべて原因があります!

今、日本人が年間摂っている添加物は、平均7kgと言われています。
赤ちゃんを生んだお母さんも例外ではありません!
お母さんが体に入れた材料を使って、赤ちゃんの体が作られてきました。

家庭訪問で湿疹のある赤ちゃんのお母さんに、妊娠前・妊娠中の食生活を聞いてきて
共通していた事は、 “添加物の多い食事をして来た” と言う事でした。

今、添加物入り食品はお店に溢れています。

今自分が食べている物が、赤ちゃんにどのような影響をもたらすのか?

お腹に赤ちゃんがいる時は、直接赤ちゃんを見ている訳ではないので
なかなか実感が乏しく、気にせずに添加物の入っている物を
ドンドン食べてしまっている事が多いです!

ところが 赤ちゃんが生まれて見ると、過去の結果として自分の目の前 に
“湿疹で痒がっている赤ちゃん” がいます‼

赤ちゃんを育てていく為には、これは常に目にしなければならない
避けられない “現実” です‼

でも 、この “心のどん底” は自分と赤ちゃんにとって 生きていく上での
大きな “チャンス” でもあるのです‼

この 乱れた食品が 自分の回りにあふれ返っている時代に、
“それらを食べたらどうなるか? ” を 赤ちゃんが自分の体で教えてくれている‼
それを知り、“どうにかしてあげたい‼ ”とお母さんが腹の底から思う‼

《 その時お母さんは、自分の食事の好みを度外視して、
赤ちゃんの湿疹を良くする為の食事に切り替える方がいます‼ 》

これが重要なんです‼

これは誰でも出来る訳ではありません‼

赤ちゃんを生んだ事のない方には簡単に出来る事ではありません‼

そこまで “母親” は真剣になれるのです‼

質の良い母乳を出して赤ちゃんに飲ませる為に、
お母さんは必死になって食事を改善します‼
詰まらない物、添加物の入らない物を選んで涙ぐましい努力を始めます‼
見ていて頭が下がります‼

この努力を普通に生活している方が出来るでしょうか?
ほとんどの方は出来ません‼
試しにやってみると分かります‼
これをしなければ自分が死んでしまう‼とか、せっぱ詰まった方は
出来るかもしれませんが、それ以外の方はまず出来ません‼

その決断を赤ちゃんを生んだお母さんはやるのです‼
凄い事です‼
今迄 何人ものお母さんがこれをやりました‼
そして赤ちゃんは徐々に湿疹が少なくなり、やがて消えていった‼
(ステロイドは使っていません‼)

この現実を目の当たりにして “お母さんは凄い‼ ”と実感しました‼

この生活を赤ちゃんが断乳をするまで続け
この結果、お母さんの “味覚 ”は正常に戻り、
母乳生活から解放され いざ以前 “美味しい” と思っていた物を食べた時、
“味覚” が変わってしまい “まずい”と思い食べられなくなった方もおります‼

本来持っていた “正常” な感覚に戻ったのです‼

この結果 お母さんは以後 “体に良い”食品を選ぶようになります‼

これが これから成長していく子供達にどれだけの影響を及ぼすのか‼
それは社会を見ていると察しがつきます‼
今、子供達は“感情”も“感覚”も狂って多くの問題を起こしています‼
自分はこの根底に “家庭での食生活の乱れがある” と思っています。
なぜ思うようになったか? と言うと、
家庭訪問をしていて、乱れた幼い子供達の食事を改善指導していくと、
子供達が日に日にドンドン変わっていく姿を目の当たりにしたからです‼
感情の乱れがなくなり安定して、自立心が出来てきます‼
子供は体がまだあまり汚れていないので、結果の出るのが早いです‼

この重要な時期に 赤ちゃんを生んだお母さんは係わっているのです‼
この日本の将来を担っていく子供達の “未来の土台” を確立してあげる重要な役割を持っているのがお母さんです‼

正常な感覚を持った子供達が増えていけば、日本の将来は変わってきます‼

お母さんは 日本の将来にとり “希望の星” なのです‼

自覚を持ち頑張って欲しい‼ と思います。
自分も出来る事は応援していきます‼

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》










[PR]
by osan03 | 2015-03-08 15:59 | 希望の星

産後の睡眠

お産が終った後、“余り眠れなかった”と言われる方が結構おります。

産後は睡眠パターンが変わります。
妊娠末期頃から長い時間続けて寝る方は、ほとんどいなくなります。
夜中もちょこちょこ目が醒めるようになります。
赤ちゃんを生んだお母さんの体は、赤ちゃんの授乳に備えて変化しているのです!

赤ちゃんはミルクを足さなければ、頻回に母乳を欲しがります!
それに合わせて母乳を飲ませられるように 体が変化しています!

ちょっと グーっと寝た時、お母さんはちよっと寝たくらいにしか思っていませんが
その睡眠はとても深いです!

赤ちゃんが泣いたりすると、パッと目が醒めます!

産後は 「短時間熟睡型」になります!

夜もちょこちょこ起きるので、その代わり昼間も時間があれば
短時間でよいので、ちょこちょこ寝るとよいです!
“昼間は起きているものだ” と思って無理をして起きていると
体がばててしまいます。

人の体は本当にうまくできています‼
誰が この体を設計したのか⁈
超頭脳 を持った存在が “意志”を持って設計したのだと思っています‼

《多くの方に自分の考えを知って頂きたいと思い、ブログランキングに登録しています。
関心を持たれた方は、左上のクリックをお願いします!》



[PR]
by osan03 | 2015-03-04 10:42 | お産