妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

“お産”について思う事

自分は野生の動物達の生き方にとても関心があり、それについて見る機会があると真剣になって見てしまいます。

お産や産卵についてもそうです。
野生の生き物には“甘え”がありません。

人間のように、誰かに頼ったり、甘えたりしてお産や産卵をしている姿は『0』だと思います。

そこには言葉で表すなら“自分で産む”という強い信念があるように思います。

“人”も本来はそうだったのではないかと思います。

自宅分娩をしていた時、赤ちゃんを生むお母さんは一人の“野性動物”に返っていました。

どこでお産をしたいか、自分のしたい“場所”を自分の“感”で感じ取り、回りの人の勧める場所には見向きもしない。どんな“体位”でお産をしたいか、お産の直前になって、自分の本能の赴くままの体位を取る。

自分は入り込む余地がない。

ただ、じっと見守るだけ。

それは一人の“野性動物”のお産でしたF65A.gif

そこには人に頼る“甘え”は一切ありませんでした。

本当に自立した一人の人でしたF65A.gif

今、産婦人科という施設でのお産を見ていると、この“凛”としたお産には滅多にお目にかからなくなった。
代わりに誰かに頼ったり、甘えたお産を見る事には、事欠かなくなった。


人よ、野生の本能を取り戻せF65A.gif
本当の自立したお産をした時、そこから開けて来る先は、甘えや頼ったお産とは、まったく違うものになると自分は思っています。
[PR]
by osan03 | 2013-02-25 00:44
毎月ケァーにお伺いしている方がおります。

お伺いしたら必ず、赤ちゃんとお母さんの状態をみます。

みると言ってもじろじろ見るのではなく、お会いした瞬間に赤ちゃんやお母さんから発せられるものを、一瞬に感じ取る方の“観る”です。
それにより、体調がよいのか、何か悩みや問題を抱えているのか、なんとなく分かります。

特に赤ちゃんの場合はお母さんの状態を写していますので、赤ちゃんがスッキリしない表情だったり、ぐずったりしている時は、だいたいお母さんが何か悩みや問題を抱えている時です。

ケァーをしながらお話しをお聞きし、問題が解決の方向に向かい、お母さんの心が晴れてくると、赤ちゃんの表情も曇りが取れ本来の愛くるしい(^-^)笑顔が戻ります。


又、おっぱいケァーをする事で、詰まっていた部分を取り除き、古くなって奥の方に貯まっていた母乳も排出する事で、新しい新鮮な母乳がスムーズに湧き出てきます。


赤ちゃんはその母乳が美味しい事を“味覚”で分かり美味しそうに飲みます。
お母さんは赤ちゃんの飲み方が変わって、美味しそうに飲むのを見ていて、「おっぱいの手当ては詰まったからやるのでなくて、赤ちゃんのためにやった方が良い」とおっしゃいましたF65A.gif
赤ちゃんにしっかり自分の“心 ”を向けているお母さんは、赤ちゃんの微妙な変化も見逃さず、全部感じ取り赤ちゃんの“美味しいF65A.gif美味しいF65A.gif”と真剣に飲んでいる“心”をキャッチします。


おっぱいケァーは、単におっぱいの手入れだけではなく、赤ちゃんとお母さんの体と心もケァーする事につながりますF65A.gif
[PR]
by osan03 | 2013-02-22 00:15
普段から「現代栄養学」や「現代医療」に信頼を置いていない自分は、買い求める本も自分の“感”で買います。

今回“あぁ〜この本が読みたいF65A.gif”と思ったのは《若杉友子様》の本です。

〇『「一汁一菜」』食養生活
〇『長生きしたけりゃ肉は食べるな』

この二冊を購入し、空いた時間に読み終えました。

全ての年代の人に言える事ですが、本当に“健康”になりたかったらこの方の書いてある事を“実践”する事だF65A.gifと思いました。

自分はこの方の書いてある事を100%実践は出来ていませんが低く見て、50%位は実践出来ているかなF3F0.gifと思います。

それでも同年代の人より2〜3倍の体力はあると思います。

インフルエンザにかかった事もなく、風もほとんどひきません。体の不調は出来るだけ自分で治すようにしています。

だから病院にかかった事は0ではないですが、本当に少ない。
大人になってから薬を飲んだ記憶がありません。

その代わり、普段の食生活は自分の信念に従って食べています。

それが良いかどうかは、自分の“体”が教えてくれます。

“体の声”を聞きながら食生活をしています。
毎日3食は食べません。

だいたい2食です。

仕事で体を使う時は3食、食べます。

若杉友子様は徹底しているF65A.gif

自分も もっとこの方に近づけようと思いました。
[PR]
by osan03 | 2013-02-07 19:31