妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

流産

妊娠が継続出来なく、流れてしまうのが‘流産’ですが、
3ヶ月以前に起きる場合、その 多くは 染色体に異常がある と言われています。

もちろん 胎児側だけでなく、母体側に問題がある場合もありますが、
3ヶ月以前では、その割合はかなり低くなります。

自然の仕組みは、健康な赤ちゃんを この世に送り出すように出来ているようです。

最初 流産されても、2回目、3回目と元気な赤ちゃんを生んだ方も多いです。


自分が気になるのは、‘切迫流産’の方です。

まだ流産にはなっていないけれど、このままにしていたら
流産に移行してしまう可能性の高い方です。



≪ここからは又、自分の感じた事を書いていきます。≫

現代の西洋医学には、‘陰’‘陽’の視点から人体を診る事はありませんが、
西洋医学以外では、その視点から‘陰体質’‘陽体質’という見方をする事も結構あります。

自分も詳しくはありませんが、大まかに見る事はします。

診ていて、‘切迫流産’になられる方は、‘陰体質’ あるいは
‘体を冷やしている’という方が殆どだと、思いました。


更に、自分の体のバランスが 今 異常な状態にある という自覚が全く無く、
ただ 出てきた症状だけに 目が行っています。

今の時代、これらの体質について 教えてくれる人はおりません。

今の時代の中にドップリ漬かって、何の疑問も感じない人は、
この時代が残してくれる結果の通りになると、思っています。

自分の中の‘野生の感’が少しでも残っている人なら、
自分の体が教えてくれる ‘サイン’ に ‘どうしてなんだろう?’ と疑問を感じると思います。

この時が自分が変わっていく キッカケになります。

今はやりの健康本を見るのでは無く、
過去に生きてきた人々が残してくれた‘知恵’の集まりの健康本も、
探せばまだあります。

ここで詳しく書こうとしたら、膨大になりますので、省略します。
自分の過去ブログも参考にして下さい。

自分の体は自分が作っています。

普段の自分の生活リズム、
毎日の食生活、
普段の運動量、
いつもどんな心で過ごしているか、

これらの総合的な結果で、今の自分がいます。


ただ言える事は、
自分の体が冷えていて、体の各細胞が正常に機能出来ないでいる
(基礎代謝も免疫力も落ちている)、
冷えにより、細胞の締まる力が無くなり緩んでいる、
赤ちゃんが‘ここに住み続ける事は出来ないよ’と悲鳴を上げている、
と言う事です。
[PR]
by osan03 | 2008-07-29 08:15 | 流産

子供の教育

小さな子を 預けるようになったら、 ‘保育園’‘幼稚園’に、

大きくなったら‘学校’へ・・・、

自分が目撃した現場は、 ‘保育園’。

保育士の方が、1歳過ぎの子供に、

服をまくり上げていたら、 

‘オッパイ恥ずかしい’と自分の価値観を 植え込んでいる現場でした。

何のいやらしさも 持ち合わせていない子に、

オッパイは‘恥ずかしいもの’と、植え込んでいる・・・。

これは極一部だと 思う。

こんな事が、家庭においても、学校においても、保育園・幼稚園においても、

どこにおいても、日常茶飯事 行われているのだと、思います。


  
[PR]
by osan03 | 2008-07-27 14:02 | 子供の教育

妊娠初期に!

家庭訪問で あるお母さんから教えて頂いた事です。


2人目のお子さんが出来る前、(お姉ちゃんは、3歳前後だと思いました。)上のお姉ちゃんと 赤ちゃんが ゛できた゛゛まだできない゛と、冗談を交えて話していたそうです。

ところがある日、ママのお腹を、どこを見ているのか分からないような目をして見て「ママ いるじゃないの」とその子が言ったそうです。

自分が妊娠していると思っていなかったので、市販の検査薬で調べたら、(+) に出て、妊娠している事が分かったそうです!本当の妊娠初期だったそうです。

小さな子は、大人が失った能力をまだ、失わずに持っているようです!
[PR]
by osan03 | 2008-07-23 09:33 | 妊娠初期 症状

妊娠初期症状

妊娠の初期は、自分が妊娠している事に気づかない事があります。

゛ンッ、生理が遅れているのかな?゛

と思っているうちに、体の変調を感じて、臭いに敏感になったり、食べ物の嗜好が変わって来たりする事が多いです。

そうなって始めて゛妊娠かな?゛と気がつく事が多いです。……(^_-)☆…(*_*)…(*^ー^)ノ………食べ物の嗜好が変わったり、つわりが起きてくる事は、多くの方が経験されている事です。
(・_・)エッ....?
゛もしかして、妊娠

《ここからは、自分の主観で書いていきます。(b^-゜)》

食べ物の好みが変わると いう事

お母さんになる方は、まだ妊娠していない時は、ほとんどの方が自分の健康について、それほど真剣に考えていません。・・・・・・・・・(多少は考えていますが、゛自分の体の声を聞いて食べる゛と言うより、゛現代栄養学に基づいた、《頭の判断で食べている》゛事がほとんどです・・・・・・・・)

けれども、お腹に宿った赤ちゃんは゛頭で判断して゛ 自分の体に必要なモノをお母さんの体から取って大きくなろう、とはしていません
∑( ̄口 ̄)

ただ、今自分に必要なモノを、体が要求して、それをお母さんの体から取ろうとしているだけです。

頭で考える事無く!

けれどもお母さんは、体の声を聞いて、モノを食べる事が無いので、赤ちゃんの要求するモノが体に無い!


仕方が無いので、赤ちゃんはお母さんを突き動かして、必要なモノを体にとってもらうしかない。

それは、お母さんの体の栄養バランスの崩れを修正する動きでもあると思う。


もう一つの妊娠初期に見られるものに、゛つわり゛があります。


つわりになると、ほとんどの人は モノが余り食べられなくなる。


吐き気がきて吐いてしまう人もいます。

これは お母さんの体の中に、赤ちゃんにとって害になる物や不要な物があり、それを排泄して整理するためのものだと思います。


まず、それを排泄して整理する

今必要なのは、新しい栄養を取り入れる事では無く、自分の成長に邪魔になる物を 出す事。


それが゛つわり゛だと思っています。

つわりがかなり重く、入院をされる方もおりますが、そんな方を見ておりますと、すべての方ではないかも知れませんが、四角い枠の中でキチキチと物事を考える、几帳面な方が多い気がします。きっと赤ちゃんは、その柔軟性の無い心が窮屈で、吐き出したくなってしまうのかな?と思いました。お母さんは、赤ちゃんを映しているんじゃないかと、思います。

以上、自分自身の思った事、感じた事でした。 m(u_u)m
[PR]
by osan03 | 2008-07-22 07:59 | 妊娠初期 症状

予防医学を!

Excite エキサイト : 社会ニュース
お産をテーマに市民シンポ
 今後の産科医療の在り方を考える市民シンポジウム「みんなが安心できるお産を目指して」(日本医療学会主催)が7月19日午後1時半から、東京都千代田区の日本教育会館一ツ橋ホールで開かれる。


皆が安心してお産が出来る施設も重要ですが、これからは一人一人が自分の健康に留意して丈夫で健康な母体になり、お産する事も重要だと思います。

これからは、“予防医学” に重点が置かれるべきだと思います。
043.gif



 シンポジウムでは、母子愛育会愛育病院(東京都港区)院長の中林正雄さんが「みんなが安心できるお産を目指して」と題し、基調講演。続いて、▽山梨大大学院医学工学総合研究部教授の遠藤俊子さんによる「これからの助産師のしごと」▽女優の水野真紀さんによる「私の赤ちゃん誕生」▽出産ジャーナリストの河合蘭さんによる「ユーザーから見た安心できるお産」▽北里大医学部産婦人科教授の海野信也さんによる「産科医療再生のために必要なこと」-の4つの講演が行われる。この後、総合討論の予定。

 定員500人、参加無料。事前予約制で、同学会ホームページから申し込む。問い合わせは、事務局の和田さん03(5216)7800。
[PR]
by osan03 | 2008-07-12 00:30 | 予防医学
Excite エキサイト : 芸能ニュース

世界で初めて男性として妊娠し、6月29日に出産して話題となった“妊娠男”ことトーマス・ビーティーさんと、その家族を描いたドキュメンタリー番組が制作されることになった。

ピープル誌に掲載されたビーティーさんと妻のナンシーさんの写真はこちら

 34歳のビーティーさんは、ハワイ出身のアメリカ人。生まれた時の性は女で、10代のころには美女コンテストにも出場するほどの美ぼうの持ち主だったという。ところが、思春期に男としての性に目覚め、10年前に性転換手術を受けた。しかし、いつか子供を産みたいという希望があったため、生殖器は残したという。


女性の心も残っていたんですね!



 現在はオレゴン州で法的に男性として認められ、妻のナンシーさんとともに生活しているが、昨年、精子バンクから購入した精子で人工授精に成功し出産に至った。

 
[PR]
by osan03 | 2008-07-11 23:22 | お産