妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

食べ物について、書き落としがありましたので、ここで補足します。

先に上げた食べ物は、どれも体を冷やす典型的な物ばかりです。


食べるなら、‘少し’

これからは、自分の感覚で書いていきます。
科学的 と言われる根拠はありません。

だから読み流そうが、‘自由’にして下さい。

但し、‘重要’です。

果物・・・もしどうしても食べたいなら、一週間に1~2個
但し、自分の体質が‘陰’の強い人(体の締まりが無く、水太りの人)は、止めた方がいいです。
何個食べるかは、その人の体質により違います。

生野菜・・・必要ですが、食べ過ぎない。
食べるなら、小皿に一杯、体を冷やしますので、
これから熱を作る ‘朝から昼’にかけて。
夜は避けた方が無難です。

冷やす物は、大体夜避けた方が無難です。

寝る時は、体温が下がっていきますが、冷やす物を食べて寝ると、
更に下がります。
子宮の温度に影響すると、思われます。

アイス・ソフトクリーム・甘いジュース類・カキ氷など、糖分を含んだ冷たい物・・・
基本的には、食べない方がいいです。

けれども食べ物の制限は、かなりのストレス。
どうしても食べたい時は、1週間のうち2回位まで。
少なければ少ないほど良い。

冷たい物を食べる時は、赤ちゃんの胎動に注意しながら、
赤ちゃんが嫌がって お腹で暴れたら、即 止める。そうして お腹と腰を温める。

腰湯、足湯も良い。

夏場は、冬より悪いです。
 冷やしている人が、殆どです。

自分が冷えている自覚がないから、

神経が`麻痺’‘鈍麻’しているから、
体の警報が利かなくなっています。


家庭訪問した時、そこの家の‘冷え’が、
私の体にビリビリ来るのに、そこに住んでいる人は平気でいる。

けれども、それを続けていると、必ず体に‘不調’となって出て来る!

それで私は、‘口うるさく’なります。
 

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします。
[PR]
by osan03 | 2007-08-28 06:45
暑い日が続いています。
今年は特に暑いようです。
冷たい飲み物、 スイカ、 果物、メロン、 アイス、 カキ氷、 きゅうりにトマト、 ・ ・ ・。
クーラ、 扇風機。
汗をかいた後の放熱、 薄着で冷房に当たる事による方熱、 


体が冷やされる原因が いっぱいあります。
お母さんは暑いので体を冷やしたい、

けれどお腹の赤ちゃんは、お腹で順調に育っていくうえで、
‘冷え’は自分の成長や、命を守るうえで 大敵だ!!

子宮内の温度は、 <37.7~38.0 ℃>は、 あります。
この温かい温度が、赤ちゃんがお腹の中で スクスク育っていくのに必要です!


お母さんが体を冷やしている時は、多分、 子宮内の温度も下がっていると、思います。
そんな時赤ちゃんは、、お腹の中でピンピンとした、角のある きつい動きをします。


(反対に、赤ちゃんが調子が良い時の動きは、モコモコしたゆるやかな動きです!)

この暑さの中、赤ちゃんの成長に合わせる為、‘体を冷やさない’という事は、
子供の時から、冷暖房完備の環境で育ってきた人には、‘酷’ なようです。

そ0ういう現代の生活に慣らされた妊婦さんが、
ではどうやって‘冷え’から体をまもるか?

‘完全に冷えないようにする’という事は、まず 不可能なんだ・・・、と言う事を知らされました。
そんな中で、最低限気をつける事として、
〇 冷房の温度を低くしすぎない。
これは もう自分の感じになってしまいますが、26~27度以下にはして欲しくないです。
ドライ や除湿 も、結構冷えますので、注意が必要です。
ずっと冷房の中にいる事は、避けましょう!
ずっと居ると、慢性的になり感覚が ‘麻痺’ してしまいます。
 冷えているのに、‘自分が冷えている’と、気ずけ無くなってしまいます。 
これは ‘扇風機’ も同じです! 
扇風機の風に ずっと当たっていると、ドンドン熱が奪われていきます。 
けれども、感覚が‘麻痺’していて、その事を感じない。
扇風機の風に当たる時は、 ‘首振り’ にして ‘お腹から上’ に風が当たるようにして下さい!
 足元に風が行くと、重要な下半身がドンドン冷やされます!


着ている物でも冷やされ方が違います。
木綿は、汗を吸収するけれど、発散が悪い。
自分がかいた汗の水分で、今度は熱を奪われていきます。
木綿の下着を着る場合は、中にタオルを入れ、汗をかいたら取り替えるようにします。

下着で理想的なのは、<絹>です!
木綿のように汗を溜め込んで、べとつく事がありません。

値段は高いですが、長持ちします!


あと、<足湯><腰湯>もドンドンして下さい!
整体の先生は、<足湯は、5分でよい>、<腰湯は汗をかくまで>とおっしゃっていました。


☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-08-23 06:15 | お産

赤ちゃんの神秘!

彼女は、赤ちゃんを無事に 生む事ができた!!!

今になってみれば、赤ちゃんは、自分がどういう 生まれ方をするのか、
全部知っていた! と しか、思えない。

自分にとって必要な人を、全部自分の所に 呼び寄せた!
誰一人としてその時に、無意味な人は いなかった!


彼女と自分との出会い・・・、
その日の予定が急に変更になり、自分を知る事となったようだ。

そしてある日、お産を依頼された。

妊娠期間中色々あったけれど、どうにか妊娠末期までこぎつける事が出来た!

そして、お産近くになって ちょっとしたアクシデントがあった。

その為、整体の先生と自分が彼女の家に掛けつけ、
そこで始めて、きちんと顔を会わせた!

今にして思えば、これも赤ちゃんが自分と整体の先生を、
引き合わせる為にした事だ、と思えた。

自宅でのお産は、立ち会う人同士の呼吸が大事!

陣痛が来た時、自分と整体の先生が彼女の家に集まった。

先生は緊張している彼女の頭と、体をほぐして下さった!

ご主人と妹さんも、彼女にとって気兼ねなく何でも頼める存在だった!

緊張を解いて頂いたお陰で、いたずらに陣痛時間が長くならず、
本来の‘波’のままに進んで来た。


もし、この陣痛時間が もっと長くなっていたなら、
赤ちゃんの持っている体力の限界を、超えていただろう。

赤ちゃんは、全部知っていたんだね!

産後、彼女の体が落ち着いてから、
坐っている彼女と話していた時、
赤ちゃんは首を自分の方に向け、自分の方を見て3回ニコッと微笑んだ!

又 別の時、彼女と話し終えた直後、
赤ちゃんは ‘そうだ!’と肯定するように、ニコッと微笑んだ!

‘この子は、全部知っている!’と、思った。

この子が、お話しが出来るようになった時、聞いてみたい!

ずっと以前にも、赤ちゃんに驚いた事があった!
その子は生まれてすぐ、
お腹の中で聞いてた声が誰かを確かめるように、
お産に立ち会った一人一人の顔を、
首を動かして見回した!



☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-08-18 03:25 | 赤ちゃん
自分の生まれは農家です。
畑もやっていました。
翌年蒔く種も、自分達(両親)で選別して、取っていました。

種にするのを選別する時、

<しっかり実の入った大きなもの ・ 病気に侵されていない物 ・ 形の良い物> 

を選んでいたように思います。

< しっかりした良い種からでないと、いい作物は育たない >

畑に蒔く前に堆肥を入れ、土作りをします。
堆肥が土になじんでから、種 を蒔きます。

種を蒔いてからも、それぞれの作物に合った時期に、追肥をやります。

広い畑の作物を、一人の我が子のように、
手を掛け 心を注いで、順調に育っているか? 病気になっていないか?
秋の収穫まで見守って行きます。


作物は、天候に左右されるもの、日々の天気予報にもかなり気を使っていました。

今 自分は、わずかながらも家庭菜園で野菜を育てています。

思う事は、植物も人間も‘同じだ!’と言う事です。

丈夫でしっかり育ったモノ(親)からでないと、
良い種は取れない (丈夫な良い赤ちゃんは生まれない)!

親が弱い体であったり、栄養が偏っていたら、赤ちゃんにも必ず その影響は出る!


自分の体の通りの子供しか出来ない!

もし、丈夫で良い赤ちゃんを産みたい!

と望むのであれば、それが可能かどうか、自分の体を振り返って見る事です!


もし、自分の体に不安があるのでしたら、

<妊娠する前から体を鍛え、 栄養の偏りを無くす事です!>


どうすればよいか?

< 本気で求めれば、必ずその答えは見つかるはずです!>


自然界は、弱い者・未熟な者は自然淘汰されます。
この世界は命で埋まっています!

植物の世界を見てもらえれば、分かると思います。

全ての命が、生きるための 戦いをやっています。

そこには、弱い者・未熟な者の、生きる場は、ありません。
強い者にその場を、占領されてしまうからです。

植物は、他の者に頼るのでは無く、自分の力で自分の場を確保しています!

人間も、やがてはこの植物達と 同じように
 <自然の掟> の中に入って行く時代が、必ず来ると思っています。

弱い者が保護される時代は、もう そう長くは続かない!と思っています。

その時の為にも、今から自分を鍛え、
丈夫な赤ちゃんを生む事だと思います!


☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-08-14 04:23

赤ちゃんの素直さ!

MYさんの家にオッパイ手当てに行きました。
詰まってしまい、一部が硬い岩のようになっていました。
何箇所か詰まっているようで、母乳は出るのだけれど、出が良くない。

5ヶ月の赤ちゃんは、最初吸って飲んでいたけど、
そのうち怒り出して、吸おうとせずのけぞって おお泣きを始めました。
あやしながら何度かやったけれど、
ちょっと口をつけるけれど、すぐ離して癇癪を起こし、体を突っ張らせて、
あらん限りの声で おお泣きを繰り返しました。

しょうがないので、ミルクを作り飲ませました。
ミルクも飲み足りないと、又おお泣き。
余りたくさん飲ませる事も出来ないので、
ミルクを薄めて白湯がわりに水分補給を充分にしたら、泣き止みました。

それで赤ちゃんはお家の人に見てもらい、手当てを始めました。

少しどろっとした、濁った母乳が少しづつしか出て来ず、根気のいる作業でした。
「これ、きっと不味いよ、味見してみた?」
「してない」
「味見してみる?」
おかあさんは、自分の母乳を少し手に取り、なめてみて、
「苦い・・・。」と、一言。
私も味見してみたら、 苦さと、 濃い(くどい)甘さと、 しょっぱさ が、
同居した味 でした。
お母さんは、 「ごめんね」 とつぶやいていました。

母乳をメインに飲んでいる子は、
味覚や、臭覚が発達しています。

自分がまだ飲める範囲内の 母乳の味であれば、
文句を言いながらも飲みますが、
絶対に飲めない範囲の母乳の味に対しては、
そばに近づけただけで、
のけぞって泣いて、口に入れられる事に、抵抗します。
どんなにお腹がすいていても飲みません。

赤ちゃんの体が拒否しているんだと、思います。

まだ、汚れていない体は、
自分の体に良いモノ、悪いモノを感覚で、見分けるんだと思います。


赤ちゃんには、‘妥協’というものが無く、自分の感覚に正直に反応します!

嬉しかったら、‘にこっとほほ笑み’嫌だったら泣いたり、体で抵抗します。
その表情の中にも、瞳の中にも、自分の感情をストレートに表現しています。


赤ちゃんは素直だから、自分をごまかす事をしない!。

だから、そんな赤ちゃんを見ていると、
母親や、相手の人をそのまま映している事が殆どだなと、思いました。


自分は、赤ちゃんからたくさんの事を、教えられました!


☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-08-08 22:48 | 赤ちゃん

もう 限界だ!

野生の動物の子育てを見ていて、
‘何故なんだろう’ といつも不思議に思っていた事があります。

自分の子供の巣立ちの時期、 子離れの時期、 餌の切り替わりの時期・・・。

どうして分かるんだろう・・・?

普段忘れていても、心のどこかにいつもこの疑問はありました。

去年、落花生を畑に直播したら、多分 カラスだと思うのですが、
数本を残して、みな引き抜かれてしまい、2度播きをしました。
それで今年は直播をやめ、ベランダで ポットに蒔きました。

豆を水に浸し、芽が出かかった時ポットに移しました。
芽が出て少し大きくなった時、有機肥料もやりました。
水も切らさないように、気をつけていました。

毎日のように眺めては、大きくなるのを楽しんでいました!

日に日に大きくなり、‘大きくなってきたなぁ~’と思って眺める事が多くなりました。
ある日、ベランダの落花生を見た瞬間、

‘もう(ベランダで育てるのは)限界だ!

という感じが来ました。
その感じが来てから、‘早く畑に植えなければ’と思い、
その日家庭訪問が終わってから、18時頃 約50本の苗を畑にもって行き、
21時頃までかかり 植えました。

苗をせっせと植えている時、ハッとしました。

もう、限界だ! という この感じではないのか?

この感じがある日突然来たら、 
親は次の行動に 早く移ろうとするのではないのか・・・?


そんな気がしました。

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-08-06 03:00 | 育児

家庭訪問の 行き 帰り

Mさんの家庭訪問に行く時、山道を通っていきます。

いつもご主人が仕事から戻られる夕方に行きます。

行きは日が落ち始めた夕暮れ、帰りは完全に日が落ち、辺りは暗くなっています。

行きはまだ人の世界の感じがありますが、帰りは対向して来る車が無ければ真っ暗で、
人間界とは別の感じがあります。
明かりは自分の車のライトだけ。

帰り、この山道に入る時、いつも感じが変わる所があります。

 ‘ここからは、山の精が支配している所’ 

そんな感じがして、そこを目の前にした時、厳粛な心になります。
自然と姿勢を正し、呼吸もゆっくり ゆっくり吐き、
自分の心はこの山の精と、夜の闇の精に、
無意識の内に合わせるようにしてしまっています。

心が静かになります。

一人でこの山道を走っていたら、普通は怖くなると思うのだけれど、
(怖さは確かにありますが) 心の静けさの方が先になります。

自分の神経を、この‘山’と‘闇’に繋いでいるような感じがしています。

お産の神様は、‘山の神様’だ!

と言う本を読んだ事がありますが、
本当かどうかは分かりませんが、
この山に入った時 <お願いします!> と言う心になる事があります。

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-08-04 01:09 | お産