妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

冷え について、もう1つ重要な事が 抜けていました。

これからの季節、だんだん暑くなってくると、どこでも 冷房 をかけるようになります。

室内と、室外の気温差が大きいため、‘体調を崩しやすい ’というだけでなく、冷房は、かなり 体を冷やします。

妊婦さんは、冷房の中でずっと仕事をしていると、 仕事が終わる夕方近くから、お腹が張ってきたり、痛くなって来る事が多くなってきます。

冷房の中で仕事をされる妊婦さんは、 お腹の保温と、スラックスの下にも 何かをはいたり、靴下の重ね履きをするなどして、 冷房から、お腹と下半身を守って下さい!

自分であまり自覚していなくても 冷えている事が多いです。
こんな時、お腹や下半身を暖かくすると、 ホットする感じがあり、‘あぁ~冷えていたんだなぁ~’と、分かると思います!


以上、補足です。

☆  人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-05-31 10:07 | お産
‘冷え’ を防ぐ!

冷えにも色々あります。
冷えについて 詳しく知りたい方は、<冷え>で検索をかけると、たくさんの情報が出てきますので そちらや、自分のブログにトラックバックしている情報を、見て下さい。

ここでは、妊産婦さん、赤ちゃんを中心に どんな風に冷えているか、見ていきます。

人の体は、上半身に <心臓> <肝臓> <肺> と大きな重要な器官が集まっています。
これらの器官は、休み無く働いています。
ですから たえず <熱> を作り出しています。

それに引きかえ 下半身は、<腸> は、食べた物が入ってきた時動きますが、それ以外は 余り動きません。
又、<足> も 歩いたり、走ったりしている時は、筋肉が働いて <熱> を作りますが、足を使わなければ、余り作られません。

これからも分かるように、下半身には、 <冷え> になりやすい要素があります。

下半身の<冷え>は、冷たい血液が女性の重要な臓器である、子宮や卵巣を冷やして、心臓に戻ります。
妊娠している方は、赤ちゃんの入っている子宮を冷やしてしまいます。


下半身の<冷え>に対しては、
足を使う → 歩く事により、筋肉が働き 冷えを防ぐ働きが あります。
下半身に流れている 血液も、足を動かす事で 循環しやすくなり、全身の基礎代謝も 良くなってきます。

又、食べ物からも 体を冷やす物があります。
今まで見てきた中で多いのは、
果物が好きな人・・・毎日とか、一週間のうちで4日以上摂っている人とか、7日のうち3日でも 私は多いと思っています。
更に、同じ果物でも どこで採れた物か? でも<冷やす>度合いが違ってくると思います。  一般には、北国で採れた果物より、南国で採れた果物の方が、体を<冷やす>と言われています。

例えば、 <リンゴ> より <バナナ> の方が体を冷やす率が高い・・・という事です。
更に更に・・・、どの位の量を食べているか・・・? という事も 大きいです。
1個なのか、4分の1カットなのか、あるいは 毎日2個以上食べているのか・・・。


果物・甘い物 大好きで、毎日のように食べている人は、見ると分かります。

体の細胞が、独特の ‘水太り’ しています

<甘い物>が出ましたが、<甘い物>も、体を冷やします。 
<甘い物>をたくさん、あるいは 毎日のように食べている人も多いです。
そういう人は、矢張り 体調があまり良くないですね。


あと、生野菜・冷たい飲み物・ジュース類・・・スポーツドリンクも入ります。

こういう物を毎日のように食べている人は、会った時、冷えびえとした 感じがします。

食べ物の大まかなところは、このくらいでしょうか・・・細かく見ていくともっとありますが・・・。

次に服装

殆どと言っていいくらい、下半身がないがしろにされています。

上には2枚 3枚 と着ていても、下は薄い物 1枚 とか、
お腹の保温は 何もしていないとか、
見かねるような服装をしている方が、たくさんいます。

これじゃ夜中に出血がある とか、お腹が張る とか言って、産婦人科に駆け込んで来るようになるわけですよね・・・。
さらにお話しを聞くと、日中冷たい食べ物などを 食べている。
これから夏場になると、ペラペラの服装で、大切なお腹や、足などを かなり 冷やしている人も、多くなってきます。

今の時代 <お腹は冷やさないように> <下半身を冷やさないように> と言ってくれる人がいないんですね・・・。

自分のファッションだけに目がいき、 お腹の赤ちゃんの事に 心がいっていない。

そんな時、お腹の赤ちゃんは激しく暴れて警報を発しています。
赤ちゃんは、胎動で教えます。
お腹に注意を向けてみて下さい!


お母さんに <下半身を暖める> という認識が無いので、生まれた赤ちゃんに対しても、
同じ事をしています。
肌着 中着 上着 と着せていても、下半身(足)が丸出しになっていても、気づかない、 気にもとめない、冷えていると思う事も無い、 足をさわって冷たくないか と気に留めてあげる事もない・・・。 

以前、こんな事がありました。

夏、冷房のかかった病室、コールがあり行くと、‘赤ちゃんが泣き止まない’ とお母さんからの訴えがありました。
見ると、赤ちゃんは 足が冷え、足にまだら模様(チアノーゼ)、赤ちゃんのいる所は丁度 クーラの風の当たる所、確か足が丸出しだったと思う。
‘寒くて泣いている’と思ったので すぐ場所を移動して 暖めたら、ピタッと泣き止み、スヤスヤ寝てしまいました。
お母さんにお話しを聞いたら‘暑いと思った’と返事が返ってきました。

これはほんの一例、こんな感じで冷やされている赤ちゃんが今、たくさんいます。

赤ちゃんが大きくなって、自分の足で活発に動き回れるように なるまでは、下半身の保温に気をつけてあげて下さい!

以上、ザット冷えについてみてきました。
今日はこれでおしまいです。

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-05-30 01:18 | お産
良いお産は、母体の健康が絶対条件です!

自分の基礎体温を 知る!
基礎体温は、基礎体温計を使うと正確に出ますが、自分の体温が低いか 普通なのかを知るだけなら、普段使っている体温計でもいいです。
朝、布団から出る前の 安静にしている時の 体温を計ります。

今、低い人が多いです。
36℃無い人が たくさんいます。

赤ちゃんは、ふかふかした暖かな子宮の お布団で、大きくなりたがっていると思います!

冷たい飲み物を 飲んだ後、赤ちゃんが暴れる という お話しも時々耳にします。
以前、お付き合いのあった妊婦さんで(今はもう生まれておりますが)、基礎体温が35℃前半から、34.8~34.9℃という方が おりました。
     ‘低いな~ ・・・。’
と気になり 経過を見ていたら 7ヶ月に入った頃から、赤ちゃんがお腹の中で暴れる異常な動きが出てきました。
     やっぱり・・・。
と思いました。
赤ちゃんの胎動に、重きを置いていない人なら、蹴り上げるような、きつい動きを
    ‘この子 元気だねぇ~’
で 片付け、何もしなかったかも知れません。
但し、その後 赤ちゃんがどうなったかは、知りませんが・・・・・・・・・。

勿論、すぐに体質改善をする`手 'を打ちiました。
自分が、これは凄い! と思っていた 健康補助食品を、本当に大量使いました。

普通じゃ考えられない量を、バンバン使ったら、 やっと赤ちゃんの動きに 落ち着きが出てきました。
自分も、赤ちゃんの ‘命’ に係わる事が起きたら大変なので、真剣でした。
お母さんは、余り自覚が無かったので、むしろお母さんより 自分の方が、真剣だったと思います。
‘冷え’ は、怖いです。
赤ちゃんにも、お母さんも、異常を起こす 一番の引き金に なると思っています。

だから、それを予防する為にも、その人の普段の体温が どの位あるのかを、知る事が重要です!
低い時は、体質改善をする必要があります!
せめて、36℃以上は、あって欲しいです!

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!


☆ <元気になるブログ>も見てね!

※ 全部 左上クリックです!
[PR]
by osan03 | 2007-05-21 00:10 | お産

ムクドリ の子育て

今日はチョット 人間から離れます!

今日も朝早くから、ムクドリが 雛に虫を運んできている! 親が来る度に 賑やかな 雛の合唱が始まる~♪
チィチィチィチィッ チィチィチィチィッ ♪♪♪


毎年、ベランダの屋根の隅の上の方に‘ 巣 ’を作り、子育てをしている!

春先、親が場所を確認に来た!
アッ 今年も来ているな!
と 思っているうちに、気が付くと 雛のさえずりが聞こえ始めた!

3階のベランダからは、外がよく見える!

親が嬉しそうに( 見えます!) 口に虫をくわえては、まっしぐらに飛んで来る。
巣 が見えないので、‘何処に作っているのかな?’と 思って
チョットでも 顔を出すと、 あわてて ユータンをして 近くの電線に止まって
こちらの 動きを見ている。

余り顔を出しているのも ムクドリちゃんに悪いので、
顔を引っ込め そっと見ていると 
‘安全’ と思ったのか、少しして 又飛んで来る!
コレを 朝早くから日が沈むまで、延々と繰り返している!

きっと、雛に餌を運んで来るのが嬉しいんだと 思う!

飛んで来る姿が,嬉しそうだもの!!!

宮沢賢治 の詩ではないけれど、
雨にも負けず、 風にも負けず、
たとえ 外で強風が吹いていようが、餌を見つけて運んで来る!


‘凄いなあ~ こんな時でも見つけるコツを 知っているんだ!’

ただただ、どんな時でも休み無く 餌を運んで来る 親 に感心しています!

巣立ちが近くなると、たまに雛の姿が見える事もある!

そして、ある日プツンと 雛の声が」聞こえなくなる日が 来る。

今年も 後少しかな・・・。

巣立った後には、毎年ムクドリの ‘置き土産’ があります!

翌年、真下にあった鉢から、
桜やその他名前の分からない木々の 芽 が出てきます!

☆ ブログランキング クリックお願いします!


左上クリックです!

アッもう1つ、<元気になるブログ も見てね!>
[PR]
by osan03 | 2007-05-18 07:43 | その他
歩く 事の効用

‘歩く事は体に良い!’  という事は分かるけれど、 では どのように良いのでしょう?

自分がとても参考にさせて頂いている 『 分娩台よ、さようなら 』 (メディカ出版・大野明子著) にそれについて 詳しく書かれていますので 要点を ご紹介します。  <65ページ>

(この本は、皆さんにも是非読んで頂きたい一冊です!)

◎ 散歩は1日3時間ぐらいを目標にしてください。

(自分は、最初1日1時間を目標にして自宅分娩をしてきましたが、やってみて1時間じゃ ‘足りない’ と思いました。 その時大野先生の この本に出会い ‘そうか、3時間なんだ!’ と思いました。 今では3時間を目標に させて頂いております! 3時間以上歩かれる方もおります。 確実に体が変わってきますね!!!)

◎ 運動量が確保できることと、足腰が鍛えられること。

(これ、本当に重要!・・・基本ですね!)

◎ 全身の血液循環や新陳代謝もよくなります。したがって子宮への血行もよくなります。

(母体の血液循環や新陳代謝が良いからこそ、赤ちゃんへの栄養や、酸素も充分行き渡ります! 時々あるのですが、太ったお母さんから 体重の少ない子が、生まれる事があります。
お母さん自身の体の面倒を見るのに 精一杯で、 赤ちゃんまで 手が回らなかったのかな・・・
と思いました。)

◎ 身体も締まると同時に柔らかくなります。

(この通りです!!!締まっているけど柔らかい!・・・お産に必要な体です!
筋肉質でもなければ、ブヨブヨ太り でもない!・・・こんな理想的な体が、1日3時間歩き続ける事で 出来るんですよ!  皆さんもやってみて、自分の 体で実感して下さい!)

◎ 歩くと重力に従ってとんとんと力が働いて、赤ちゃんの頭がしっかり骨盤にはまって下がります。 この効果は絶大です。 

お産の時、 1cm 赤ちゃんの頭が下がってくるのに 個人差はあっても かなりの時間がかかります。 日頃 体を動かしていない人や、体重の増えた人ほど時間がかかります。 陣痛が始まっているのに、まだ 赤ちゃんの頭が 骨盤の中にはまって来ず、ずっと上にある方もおります。 妊娠中 全然 体を動かして来なかった というのが すぐわかります。この 1cm に 陣痛の痛みが、2~3時間で済むのと7~8時間以上かかるのと どちらが いいですか?  あなたなら、 どちらを選択しますか?

◎ それから、たぶん気持も晴れますし、明るくなります。

(これはもう、たぶん ではなく その通りです! 自宅分娩の方は、歩き続けていると、最初お会いした時と、表情も 体も 心も大きく変化してきます!
見ていて、こちらがその変化に 目を見張ります!)

◎ 季節の移り変わりや自然のめぐみを感じることもできます。

(またまた これもその通りで、自分の中に眠っていた ‘感性’ が起き始め、活動を開始します! 気持の豊かさ が膨らんでいきます!)

◎ 毎日違うところへ出かけることもできます。

(人が生き生きしているのは、日々の新鮮な刺激によるところが大きいです。
習慣化された生活だけを 送っていると、その人から 活気が消え、老けてきます。
自分から、意識的に違うコースを見つけて 散歩する事は、新鮮な刺激が入る事で、自分自身の活性化にもなるし、赤ちゃんへの<胎教>にも 必ず役立っている!と、思っています!)

◎ 歩いているうちに速く、遠くまで歩けるようになります。「1日3時間歩けなんて、とんでもない、つらくてできない」と思われるかもしれませんが、そうではないのです。歩いていると、だんだん歩くことが気持よくて、身体の調子もいいので、歩かないではいられなくなります。 お散歩中毒になります。
 
そうなったら、しめたもの。安産間違いなしです。


( この通りです!

お金もかからず、自分で時間を作ってやるだけでこんなに良い事があるんです!
これからお産をしようとしている方、ドンドン取り入れて下さい!

(ちょっと 余談・・・木の実が熟して熟れたら、自然に ‘ポトン’ と落ちますよね、 お産はこの状態だと 思うんです!

ところが 今、たとえるなら、熟していない ‘青リンゴ’ のまま お産になるケースが多いんです。熟れていないのに、無理してでも もう、赤ちゃんを この世に出さなければならない・・・。<これ以上、お腹に入れておく事が、出来なくなってしまった>
 熟れていないんですから、当然 赤ちゃんにも負担がかかるし、お母さんにも 色んな支障が 出て来ます。
お産は、何度もいいますが 結果 です!
自分がどんな妊娠生活を、送ったか・・・の結果です!

青リンゴの お産はやめて、熟した赤リンゴのお産にしませんか!


大野先生の御著書も、是非 読んでみて下さい!
きっと、 いっぱい参考になる所が あると思いますよ!

 人気ブログランキング クリックお願いします!


全部 左上クリックです!


追伸・・・<元気になるブログ>さん 甘味 について記事を書かれています。
これ 重要! 自分のブログに寄られた方、<ただしん>さんの<」元気になるブログ>にも、目を通して下さ~い!・・・左上クリックです。

[PR]
by osan03 | 2007-05-13 11:03 | お産
良い お産は 母体の健康が絶対条件です!

 ☆ 運動 (体を 動かす)

赤ちゃんを ツルン と産むには、体をどれだけ動かしてきたか ! が大きく影響します。

今、電化製品がどこの家庭にも入り込み、皆 体を動かさなくなりました。
朝 起きて掃除機で掃除をして、洗濯機で洗濯をする、
あと 日常の細々した事を こなしていく。は

たったこれだけの動きでは、体 全体を使う事も無く、汗をかいて筋肉を使う事もありません。

まだ 掃除機も洗濯機も 無い時代、家庭も今のように核家族が中心の時代では無い時、
箒で掃き、雑巾で床や辺りを拭く、力を入れやっていると 体全身を使い、汗も出てくる。
洗濯も、沢山の家族の分を 手で洗う、限られた時間の中で 汚れた所を落とすのに、力を入れてやっていると、かなりの体力を使う!
下腹部にも 力が入る!

この作業が どれだけのものであるかを、もし 実感したいと思われたなら、核家族の方なら、
掃除はすぐ出来ますが、洗濯は 5~6日 まとめて手洗いをしてみて下さい。

以前の日本人は、これが 毎日だったと思います。
それと比較して、 今 自分が どれだけ体を使わなくなったか、試された方は、実感されると思います。

体は 使わなければ、あちこち錆び付いたようになり、動きも悪くなります。筋肉も付かず、逆に脂肪ばかりが付きます。

お産にとってこれは、大きなマイナスです!

現代にあって、この足りない 運動(体の動かし)を、日常の生活でどうやってカバーするか・・・、

まだ、開業する前 あちこち見学に行き、多くの本を読み、講習会にも 参加してきました。
開業してからは、忙しく余りこの時間は取れなくなりましたが、この姿勢は 変わっていません。
その中で、 ‘これは!’ と思ったものを、自分のものとして取り入れさせて頂きました。

自分が一番参考にさせて頂いたのは、愛知県岡崎市の吉村先生の やり方です。
それと、大野明子先生の「分娩台よ さようなら」の著書です。

多少 自分風のアレンジがあるとしても、お産に関しては このお二人の影響が根底にあります。

では、今 自分はどうやっているのか、

◎ 予定日迄に、3時間 スタスタと やや早足で歩かれるようになって頂く!

いきなりは無理なので、体の状態を見ながら、
序々にペースを上げていきます。
額に」汗がにじみ出てくる位の早さで歩きます。
最初 キツイ と思っても、慣れてくると きつさが無くなり、歩くのが楽しくなられる方が、殆どです!

上にお子さんがいらっしゃり、中々その時間が取れない方は、一日の運動量を見ていき、足りない分を、フローリングなどの床拭きをして頂きます。
<ウンチングスタイル>と言って、しゃがんだ時、両足の中にお尻がスッポリ入る姿勢で、後ろにバックして拭いていきます。
1m四方のフローリングがあれば、用は足ります。

ご主人のご協力で、その時間を作る事もあります。

自営業をされている方もおりますので、その方の家庭に合わせて、色々工夫していきます。

妊婦さんのスイミングをされている方も おりました。

ただ、注意しなければならない事は、体質が<陰>で、体の細胞の締まる力の弱い人は、食事の改善と 併用でやっていく事が必要です。

 ☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!


全部 左上クリックです!
[PR]
by osan03 | 2007-05-06 12:57 | お産
良いお産は、母体の健康が絶対条件です!

② 食生活の点検

日本人の 年間添加物の摂取量は、3.8kg~4.1kgだそうです。
これだけの物が体内に入り、 特に脂肪層に蓄積されていきます。

妊娠中は、産後の母乳に備えて、脂肪がつきやすくなっています。
特に、大腿部やお尻につきやすいです。
これらの脂肪は、産後 赤ちゃんが母乳を吸った時に、‘コレシストキニン’というホルモンが出て、その脂肪を剥がし、母乳中の脂肪にします。


赤ちゃんは、その母乳を飲みます。

お母さんが妊娠中、添加物のついた物を たくさん食べると、産後 母乳を通して赤ちゃんに渡す事になります。
(今、湿疹の出ている赤ちゃんや、アレルギーを持った子供達が沢山おります。
母乳以外からも、色んな所から 体の中に入って来る世の中では ありますが・・・)

まずは、自分の食生活から 気を付けていく事が必要だと、思います。

1) 調味料・食材 をチェック
普段使っている<味噌><醤油><塩><砂糖>の基本調味料は、できるだけ添加物の入らない、質の良い物を揃えます。 
自分の味覚が敏感になってくると、添加物の入ったものを口に入れると、すぐ分かります。
独特の 不味さ(味の悪さ) があります。
添加物の入っていない質の 良い モノは、美味しい と感じます!

普段から、質の良いモノを 口にしていると、徐々に味覚は 敏感になってきます!

食材も、裏をひっくり返して<原材料名>に、特に横文字の 添加物の無いものを、選びます。

自分の食べている物で、赤ちゃんの体が作られています!

2) 体を冷やす食べ物のチェック

今は、体の冷えている人が とても多いです。

人間の正常な平均体温は、36.5℃となっています。
(もう少し高くても いいです)
これは、人体内の 酵素が、 一番活発に働ける温度です。

体温が 1度 下がると、基礎代謝が 約20%低くなる、といわれています。
免疫力も かなり低下します。(% 忘れました。が、高かったです。知っている方、教えて下さい。→30%でした!)

体温が低いと、基礎代謝も免疫力も下がり、体内酵素も活発に働けない状態になります。
要するに、<体が正常に機能できない状態>という事になります。
 

私は、個人的に 産科トラブルの一番大きな原因ではないか・・・、と 思っています。

では どんな食べ物が体を冷やすのでしょう。
ここでは、おおまかに見ていきます。

南国で採れるもの・暑い季節に採れるもの

(これは、本当におおまかな見方です。 暑い時期、暑い所で採れるものは、暑いので、冷やすように働く物が多いです。自分の中で、何を基準に 見ていくか・・・?という時の、1つの大きな目安になります。)

現代栄養学、現代医学には、 <陰>  <陽>  の考えがありませんが、食べ物や、全てのものを見ていく時、 この 見方は、外せない!と思っています。

<陰>の物は、体を冷やします。<陽>の物は、体を温めます。

〓<陰><陽>については、本屋さんで探すと、本がありますので 自分で調べて下さい!
とても、その全部をここで書ききれるものでは、ありません。が、とても 重要です!

本当に おおざっぱに見ていきますね!

<陰>の物
果物(南国で採れる物ほど、陰が強いです)・生野菜・甘いもの・冷たい飲み物・アルコール・香辛料・酢・海藻・キノコ・科学薬品

この中でも、程度の違いがありますし、この他にも まだありますが、これだけ知っておくだけでも、かなり違います。
自分に冷えがある、 と 思われている方は、特に気をつけられると良いでしょう。

3) 酸性食品・アルカリ性食品のチェック

人の血液は、弱アルカリ性が、正常です。
ここに 片寄りが出来ると、体調が悪くなってきます。

若い人に多いのですが、美容に良い と、果物や生野菜 キノコ類を多く摂っていると、アルカリ性が強くなるだけでなく、体が<陰>に傾いてしまいます。
<陰>に傾く方が恐いです。

肉や甘い物、加工食品 インスタント食品 他、 を 多く摂っていると、血液は、酸性に傾きます。
酸性に傾くと、疲れやだるさ、体の細胞が元気に働けなくなる事により、たくさんの弊害が出てきます。
酸性になる事は、避けた方がいいです。


(酸性・アルカリ性、陰・陽 については、ここで詳しく取り上げません)

今日は、ここまで!
続きは又この次。

☆ 人気ブログランキング クリック お願い致します!


全部 左上クリック お願いです!
[PR]
by osan03 | 2007-05-01 06:50 | お産