妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

よく、赤ちゃんは お腹の中にいた時の事を 知っている!と 言われます。
又、お腹の赤ちゃんに お母さんが話しかけると、返事をする!とも言われます。

これは、実際にあったお話し。

まだ 産院で仕事をしていた頃の お話し。
2歳くらいの男の子が来ていました。
その時、その子に 「どうやって生まれてきたの?」 と聞いたら、その子は カーテンの後ろに行き、そこから頭と顔を出し、続いてそこから出て来ました。
何度聞いても、同じ動作をしました!
お産の時、頭・顔・体と出てきます。その子を見ていた時、 ‘この子は知っている!’と思いました。
これは、あるお母さんに聞いた お話し。
妊娠中、づっと聞いていた音楽があり、赤ちゃんが生まれてからは、一度も聞いていなかったけれど、その子が3歳(と言ってたと思います)になった時、その曲をかけたら
「これ 知ってる!」 と言ったそうです!

これは、自宅でお産をしたお母さんが、赤ちゃんが生まれてすぐ、教えて下さった事ですが、
妊娠中、お腹の赤ちゃんに  <男の子なら 1回、女の子なら 2回、お腹を蹴って教えて!> と 話しかけたら <必ず 2回だった!>そうです。
自分でも、そう思っても確証が無かったからだと 思いますが、妊娠中は 一度もお話しした事が 無く <生まれて  すぐ> 教えてくださいました!!!

こんな事を 何度か経験していると、
≪お腹の中の赤ちゃんは、 お腹にいた時の事を全部知っている!!≫
と 思えるようになりました。
(この他にも、3次元世界の法則では、説明のつかない事が あります!)

今では、<赤ちゃんは、お母さんの心も、ご主人との会話も全部知っているよ!>
と、お話ししています!

☆ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄  ̄  ̄ ̄  ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄  ̄ ̄☆

 ☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!

  
[PR]
by osan03 | 2007-01-31 12:40 | 赤ちゃん

‘丈夫’である為には

最近 つくづく思う。

日本人は、<日本の伝統食>に戻らなければ 丈夫になれないのでは、ないのかな・・・と。

普段、お母さん方を始め 色々な人に出会っているけれど、 <今どこが悪い> という訳ではないが、健康に見えない人が 多すぎる。

健康を、 完全な < ○ >で現すなら、殆どの人は、その 一部が欠けている感じがする。
たくさん欠けているか、少し欠けているか、程度の差はあるけれど< ○ > では無い。

自分の体は、 日々の食べたものを材料にして 作られている。

妊婦さんの体質を変える為に、今までの現代風の食事から、 伝統食に戻し しばらくそれを続けていると、殆どの人が ≪ 体が変わってくる! ≫ 事を目の当たりにしていると、つくづく思う。

後は、その良くなった材料を、体の隅々に回して 不要な物を取り除く事だ!
その為には、体の代謝を良くしていく事が必要。

誰でもが 出来る事・・・<体を良く動かす事> <良く歩く事> 。

自分は 毎日 3時間 を目標に歩くか、それに見合った体の動かし(家事でも何でも良い)をする事を勧めています。

そして、体のリズムに合わせた 生活!

人間の体は、昼動いて 夜寝るように 出来ている。
それに あわせるだけでも かなり 体の調子が変わる!

やってみると  分かる!

ゴタゴタ と あれこれ考える前に まず やってみる事を、お勧めします!

それと もう一つ、  <食べ過ぎない>・・・これ 重要です!

昔から ≪ 腹八分 ≫ という コトバが あったけれど、
 もう少し食べたい所で ≪ヤ メ テ ヲ ク ≫ 。

自分は どこも悪くない、 と 思っている多くの方、 これを 1ヶ月 実行したら、
 以前の自分と体の感じが 違ってきている事が 分かる! と 思います。

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-01-27 07:50 | 母体と赤ちゃんの健康!

赤ちゃんの微笑み

母乳育児に力を入れていると、時々 ホット癒される時があります。

まだ、病院で仕事をしていた時の事。
おっぱいが パンパンに張って、赤ちゃんがうまく吸いつけないでいた人がいました。
お母さんは、絶対に母乳でやりたいと 毎回毎回必死になって 赤ちゃんの口に乳首を入れ、吸ってもらおうとしていました。

私も、赤ちゃんが吸えるようになって欲しい! と 思い、勤務の度に手当てをして 
2~3日後だったと思いますが、赤ちゃんが とうとう上手に吸いつけるようになり、
美味しそうに真剣になって母乳を飲みました!

お腹いっぱいになったら、 そのまま お母さんの腕の中で スヤスヤ寝てしまいました。

お母さんは、よっぽど嬉しかったのだと思います!
赤ちゃんを抱きながら、涙を流していました。

母乳を飲み終えて 少ししてからの事

≪ 抱かれた腕の中で、 赤ちゃんが 眠りながら ニコッ と 微笑みました!!! ≫

その顔は とても幸せそうで、 穏やかな満足している 顔でした!!!

今まで 飲めずに泣いてぐずっていた赤ちゃんが、始めて見せた ≪ 至福 ≫ の笑顔でした!
その笑顔を見た時、とても心が満たされました!

きっと、お母さんも同じだったと 思います!

産婦人科や、小児科の先生は、笑っているのでは無い、顔の筋肉の痙攣だ、と 言いますが
あの、 深い奥からおきていると 思われる 至福の表情が、絶対に 痙攣などでは無い!
と 思っています。

その後も、母乳を飲んだ後で その 微笑をする子を、 何度か見ました!

☆  人気ブログランキング クリックお願いします!   
[PR]
by osan03 | 2007-01-23 15:15 | 赤ちゃん

夜泣き

小さな子が夜泣きをする事がある。
毎晩とは 限らないけれど。

小さな子の場合、お母さんの状態を映している事が 殆ど。

お母さんが、 何か解決できずに 心に悩みを抱えている事が多い。
その お母さんの本心の不安や 心の葛藤、小さな子は理屈では無く 心その物を感じている。

だから 夜泣きが続く場合、お母さんは 《自分の心をきちんと振り返って見る》 事をお勧めします。
お母さんが 悩みや葛藤を 心に抱えている時、ご主人との間がうまくいっていない事が多い。
その他の理由の時も あるけれど、これが一番多い気がする。

ご主人が仕事の事ばかりに 心が行っていて、家庭を振り返って見ていない時、お母さんと心が繋がっていない・・・。

家庭は社会生活の基本の場所だと 思う。

ご主人に言いたい!!

奥さんとの間に 心にスッキリしない物があるなら、横目で流していいかげんにしておくのでは無く < その場の問題にきちんと向き合う事をせず、仕事に逃げるのでは無く> 奥さんと真正面から 向き合って、キチンとお話しをして欲しい!!!

家庭がギクシャクしていて、いい仕事が出来る  とは 思えない。

奥さんと赤ちゃん(小さな子)は 一体だという事を、胆に銘じて欲しい!

奥さんとのズレは、必ずと言っていいほど 赤ちゃん(小さな子)に跳ね返る・・・。

赤ちゃん(小さな子)は、その 小さな体で、お母さんの悩みや葛藤を 全身で受け止め、夜な夜な発散のために < 泣く > 。

そんな子の顔(瞳)は、不安を映していて 曇っている。

(これは 奥さんと小さな子のために)

心が‘陰’の時、食べ物、飲み物を‘陽’にする事
たとえば。。。果物、生野菜、甘い物、乳製品、を 減らす、など。
そしてご飯<米・・特に玄米、雑穀>などをシッカリ食べる事。
体をよく動かす事。

これだけでも、同じ物事の受け止め方に 違いがかなり出てくると、思われる。
プラス思考に変わって来ると 思われる。
まずは、試してみて下さい!

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!!!
[PR]
by osan03 | 2007-01-22 08:13 | 赤ちゃん

半月ぶりです!

パソコンが故障してから 半月が経ってしまった。
やっと 新しいパソコンがきた!
しばらくぶりでパソコンを開いた時は、新鮮だった!

新しいランドセルをしょった、小学一年生のような感じかな?
今まで見れずにいた所を、次々に開いていった。

やっと飽和状態になり、落ち着き 自分のブログページを開いた。
・・・随分 更新していなかったな~・・・。


ブログを見て下さっていた方、お待たせしました。

今日は ご挨拶だけで、次回から 又本格的に ブログを書いていきます!

今後もよろしくお願い致します!
[PR]
by osan03 | 2007-01-21 03:08 | その他

パソコン 故障

パソコンが故障しました。
色々やってみましたが、文字が打てず とうとう新しいパソコンを買いました・・・が、 機械音痴の自分が よく分からずに来たばかりのパソコンを起動しようと、画面の案内に従って動かした(と 自分では 思っていたのですが)せいかどうか 分かりませんが、買ったばかりのパソコンの画面が 2日目には出ませんでした。
サポートセンターに連絡して、やってみましたが駄目でした。
明日、時間が取れたら 買った所で見てもらう予定です。

今、ネットカフェから打っています。

ブログを見て下さっていた方、すみません。

直ったら 又書きますので よろしくお願いします。
[PR]
by osan03 | 2007-01-17 23:26 | その他

産後の その後!

3日が最後の家庭訪問でした。
赤ちゃんは、普段はとても静かで 泣かない!! 
 ここのお家に赤ちゃんがいたの? と思うくらい! 泣くのは、おなかがすいた時、服を脱いで両腕の覆いが無い時、沐浴から上げた時、おしっこやウンチをした時位、オムツは布オムツだった。 
お母さんは、赤ちゃんのすべてがかわいい! という感じで、いつもにこにこして、泣いたら‘泣いた!’と言っては 笑っていました! 
表情も穏やかで柔らかく、日に日に 母 としての安定感も出て来ていました。
母乳も、赤ちゃんが必要とする量は十分に出ていました。
赤ちゃんは、6日目で1回15㏄前後飲んでいました。 飲む時は、両目を開けて真剣な目でした。(これは、美味しい時の飲み方です!) いらなくなると、 <これ以上はもういらない> という感じで、口を余り動かさなくなり、そこでやめていました。 少し眠って又、<お腹がすいた>と起きて泣くと、お母さんは又母乳をあげていました。

これが自然な進み方なんだ!・・・と思いました。

 赤ちゃんの胃腸に負担が かかる事がないから(母乳の質、一回の授乳量共に)赤ちゃんの舌は 綺麗で、 病院などで生まれた赤ちゃんによく見かける、舌の上が白くなる事はありませんでした。
体重も順調に増えてきていました!

≪自分が飲みたい時に、飲みたいように飲める≫ この赤ちゃんは幸せ者だなあ~!と思いました。

お母さんも、この頻回授乳を苦にしている感じは無く、一回一回を、ニコニコして嬉しそうにこなしていました!!
施設でお産をしたお母さんによく見かける、 「飲んだばかりなのにすぐ泣くんです」 とか 心にゆとりが無く、笑顔が消えた きつい表情や、疲れきった顔、かったるさ とは、<無縁>でした。

カーテンを閉めたやや薄暗いお部屋で、産後の疲れを癒しつつ、赤ちゃんとの軌道を一歩一歩築いていました。

これが可能だったのも、本人のお母さんがお手伝いに来て下さり、食事の用意や、洗濯、掃除、身の回りの事をして下さったからだと 思います!!!

以前あった、日本の良き伝統だと 思います!!

お産も、産後も トラブルが無く、順調に経過していました!!!
 
又、時々経過を見せて頂こうと思っています。

※  人気blogランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-01-05 03:15 | お産
<現代の食生活> をしているお母さん方は、殆ど全員と言ってよい位、乳頭や乳腺に何かしらの詰まりを持っています。  程度の軽いものであれば、余りトラブルも無く授乳が続けられますが、少し程度がきつくなると、乳頭からの乳汁の分泌が 悪くなります。
出口が 乳栓<詰まり物質>で塞がれているからです。
どの程度 塞がれているのか? で それに続く乳房のシコリの範囲や、強さも違ってきます。
中には、乳栓が 乳頭に集まってきている・・・と思われる方もおります。
一本の乳腺に、乳栓<詰まり物質>が1個とは 限りません。何個も詰まっている方がいます。

わづか0.5mm~1mmあるか? と思われる 白っぽい物や、黒っぽい物、透明な物、その他の物で、硬い円柱状になっている物が多い。
手技で時間をかけて、少しづつ取れるけれど、中々取れない物もある。
乳頭の先に、‘ごちゃごちゃ集まってきているな’と思われる物は、衣類に触れても、赤ちゃんに吸われても 痛い。そして先が硬くなっている。

日本人は、手先が器用で技術も発達している!!
もし、この細い乳腺から 詰まり物質の<乳栓>を取る器械を、誰かが開発して下さったなら、きっと すごい人気になると思う。
求めているお母さんは、お産をしたお母さんの数だけいる!と言ってもいい位多いから。

≪でも 本当は、こんな詰まり物質<乳栓>なんか出来ないような、食生活をして欲しい!!≫

※  人気blogランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-01-02 18:45 | 母乳
赤ちゃんは、おっぱいを吸った後 お母さんの伸ばした腕の中で、包み込まれるようにして 目を閉じていた!(親鳥が、自分の羽の中に雛を包み込んでいるイメージと 重なりました!!)

その後、胎盤も問題なく出て、出血量も100㏄も無かった。胎盤は、やや小さめではあったけれど、色もよく、弾力もあり、石灰沈着も無く、質の良いものであった!

赤ちゃんが元気に生まれ、お母さんも出血が少なく元気であって、始めてホットする。

どんなに妊娠中、異常を起こさないように 注意を払っていても、矢張り無事にお産が終了するまでは、気が抜けない。

今回は、8ヶ月に入ってからのお引き受けで、自分にとっては お引き受けするギリギリのラインであった。 余り遅いと 妊婦さんの体や、 自分との繋がりの面で、 軌道修正が出来なくなるので。
それだけに、 今回 Bさんに対する条件は、かなりきついものであった。

お会いした時、Bさんは 果物大好きの人特有の、細胞の緩んだ太り方をしており、体重も 62㎏近くあった。 寝る時間も遅く、朝も起きるのが遅かった。
お会いした時、お産までに修正出来るか・・・?一抹の不安があった。
少しの間、Bさんが本当にやれるのか 様子を見る事にした。
もし、やらずに改善の余地が無ければ、断る事も視野に入れていた。

自分の出した条件は、お産までに体重を 60㎏以下に落とす事、どんなにいっても60㎏代にする事、果物をやめる事、もしどうしても食べたい時は、1週間に1~2回 少量にする事、甘い物も出来るだけ食べない事、和食にする事(朝のパン食中止)、お産までに 3時間スタスタとやや早足で歩ける事、外で歩かれない時は家の中でそれに代わる動きをする事(細かい事は、本人に説明)、起床時間を 6時に近づける事、寝る時間を遅くとも 23時までにする事、・・・大きな事はこんなところ、あと細かな事は、その都度本人にお話をしました。

Bさんは、ご主人の協力も得て、お産までに ほぼこれらを全部クリアーしました。
そして お会いする度に、Bさんの体型がドンドン変化し、お産を迎える頃には 別人のように、引き締まった スタイルの良い妊婦さんに変身していました!!!
(お産の前には、体重も 59㎏代でした!)
この厳しい条件を 3ヶ月でやり遂げた Bさんを 尊敬します!!!
Bさんは、これらを生き生きと楽しそうにやられていました!

前向きな気持と努力、これがあったから 良いお産をする事が出来た!!!
赤ちゃんも元気に生まれて来る事が出来た!!!

Bさんと、ご主人と、陰になってお手伝いをして下さったBさんのお母さんと、
そして 赤ちゃんに新年の ≪ 乾杯 ≫!!!

※  人気burogランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-01-01 02:37 | お産