妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんが生まれた その日から‘育児’ と言う現実が始まります。 始めてお母さんになる方は、生まれて来る事にだけ ≪目≫ が行き その直後から始まる 休みの無い生活の事を 考えている方は、少ないです。   母乳育児の方は、1日少なくても10回前後、多い方は20回以上 母乳を 赤ちゃんに飲ませています。    3時間に1回、 と言うのは ミルクで育てる赤ちゃん用の時間です。ミルクは、牛乳のカゼインと言う蛋白質で 出来ていて 消化が悪いため  短時間で頻回授乳は 出来ません。それでも 3時間に1回は授乳があります。         この 赤ちゃんと お付き合いしていくには、 お母さんの ≪体力≫ が必要です。  その体力は、妊娠前 遅くとも妊娠中には 作られている必要があり、  その準備が無く 赤ちゃんを生んだ方は 産後、 体にも 心にもゆとりが無く きつく なってしまいます。 自分にゆとりが無くなると、 赤ちゃんは 敏感に察知して よけい泣いて ぐずります。  (赤ちゃんは お母さんのゆったりした 状態が 落ち着けるので好きです。)  産後 目の回りに クマを作って 疲れ切っているお母さんが よくおります。

これから 赤ちゃんを生もうとしている方は、体をよく動かし 自分の体を鍛えておく事が 楽で楽しい 育児につながります!   それと産後は、゛短時間熟睡型″に変わります。たった5分でも、ものすごく深い眠りに入ります!  妊娠末期から  もう その準備は 始まっています。

≪※自分の仕事を追及していくと、自然の生き物<動物や植物>への関心が強くなり、それと人間との違いにも 目 がいきます!! ‘自然の生き物は素晴らしい’って 思う事があります!≫
[PR]
by osan03 | 2006-08-28 17:24 | 産後 色々

‘母乳’イロイロ。

‘赤ちゃんが生まれたら母乳を飲ませたい!’ と殆どのお母さんが言います。 皆 生まれたら自分からおいしい母乳が出てくる!と思っているようです。 でも、それは違います。 母乳にも色々あります。 味も 色も 質も 良いのから 悪いのまで 色々なレベルがあります。
自分が ‘最高の母乳’ と思った母乳が出ていたのは、 長い間この仕事をしてきて たった二人のお母さんしかいませんでした。  あっさりしたうすい甘み、 薄い青紫色の透明な澄んだ色、 きれいな母乳でした!!どちらのお母さんも伝統的な  和食  を食べていました。    
甘いもの大好きなお母さんからは、砂糖水(みず)のようなあま~い母乳が出ていました。毎日この甘い母乳を飲まされている赤ちゃんは この先どんな体になっていくのだろう・・・と 思いました。    洋食系のカロリーの高い食事をしているお母さんからは、白に灰色を混ぜたような濁った汚い色の くどい味の母乳が出ていて、後味が口に残ります。 赤ちゃんは 飲んでくれますが 余り美味しそうには飲みません。   その他にも、カロリーの高い食事をしていると 山吹色に近い 黄色い母乳が出ます。 育児書には、‘初乳は黄色い’ と書いてありますが 必ずしも黄色いと 言う事はありません。透明な初乳が出るお母さんだって いるのです!    食べ物は、新鮮な物が 美味しいですが、母乳も同じです。 出すぎで いつも 溜まっている母乳は、味も質も落ちてしまい 体の外に出た時、 水 のように冷たくなっているものもあります。 

赤ちゃんは、敏感です。 自分の飲み方や、目や、 体の動きで 母乳の状態を教えて(訴えて)きます。 何も疑問に思わなければ その サインに気ずく事もありません。  「何で飲んでくれないの?」 と言う時、又 「疲れて寝ちゃった・・・」という時、(これを 寝たふり、と呼んでいます!) 自分の 食  を振り返ってみてください! そして、 ‘もし 自分が赤ちゃんだったら’  と 丸ごと 身 を置き換えて感じてみてください。  

赤ちゃんが  ‘おいしい、おいしい!’ と喜んで 飲む母乳の味は、あっさりした薄い甘みのある味です!  ご飯だけを一口 口に入れドロドロになるまで噛んだ時、うっすらと感じる 薄い甘みの味に 近いです! 試してみて下さい!

~   余談ですが、 夕べは雷様がすごかった!< ピカッ ゴロゴロゴロ > 怖いけど 雷様だ~い好き! 目と耳が 外に ク ギ ズ ケ でした!! ~ 
[PR]
by osan03 | 2006-08-26 02:58 | 母乳
産婦人科の新生児室は、どこも赤ちゃんの甲高い泣き声が聞こえて来るのがほとんど。  みんな それが普通と思っている・・・。  けれど ある産婦人科を見学に行った時、(日本で‘たぶん’ただ一人の 本当の自然なお産をしている 男のお医者さんが経営)シーンとして  ‘エーここが産婦人科なの!’  と一瞬 思ってしまった 。ごくたまに、 泣き声が聞こえてきても すぐおさまってしまう。 その先生の撮った赤ちゃんの写真も  見せて頂いた。 とても 穏やかな顔をしていた! ・・・今までの産婦人科で 見た事の無い とってもいい顔だった! 

そして、自分が助産院を開業して 自宅でのお産を始めた時、又 その顔に出会えた!!!   何の不安も無く、安心しきっている!  おおらかな 穏やかな顔!めったに泣かない。  泣くのは、 して欲しい事がある時の 必要最小限だけ、 赤ちゃんが 本当に満足していたら    ‘泣かないのだ!!!’  と いう事を 知りました。 

今は 新生児室の赤ちゃんが、 どんな心で泣いているのかが 何となく分かるから 泣き声のする新生児室に入るのが、自分はいやだ。    自分は、新生児室の事を‘‘ (大人から見て) 見栄えの良い  「赤ちゃんの 監獄 」’’ と呼んでいます。

特に、生まれて二日以内の 赤ちゃんの泣き声は  心に突き刺さって来るので なを いやだ。
[PR]
by osan03 | 2006-08-21 21:31 | 赤ちゃん
赤ちゃんは 自分の心のままに生きるストレートな存在です! 母乳を飲んでいる時に 特にそれを強く感じます。そして、味覚や臭覚がとても敏感です。感覚が汚れていないんですね!  あるお母さんが、母乳を飲ませようと頑張っていたけれど 赤ちゃんはあらん限りの声で泣き叫び、体を 後ろにのけぞらし絶対に母乳を 吸いませんでした。  余りに激しいんで チョット母乳を味見させて頂いた時、思わず‘ウッ ’として吐き出してしまいました。ものすごく まずかったんです。 これが 口をつける前から分かってしまうんですね!   それから 自分はドンドンお母さんの母乳を味見するようになりました!! そして同時に赤ちゃんも観察しました。    分かった事は、  <美味しい母乳の時、目を開き 真剣な目で一心不乱に母乳を吸う事、真剣になっているので、手もギュッ と握っている事が多いです。>   <ま~妥協して飲める、と 言う時は その真剣さが感じられず タラタラ飲んだり、目を閉じて休み休み飲んだりします。> そして  <この母乳は飲みたくない! と言う抵抗の時は、先程の動作や、抱いて赤ちゃんの口を乳首に近づけると、サッと横にそらしたり、一度は口に入れても すぐ出して他を探し始めたりします。>   赤ちゃんは  たとえ 自分を産んでくれた親であっても、 そんなのは全然関係ないんですね!   ここが 大人と違う所です!  赤ちゃんは、安心して抱かれる事ができ、そのうえで 美味しい母乳を飲ませて欲しいのですね!!
 大人は赤ちゃんより ずっと味覚や、臭覚が鈍感だな~と、思う事があります。  
美味しい母乳も、 不味い母乳も それは 普段 お母さんが食べている食事で作られます!!
[PR]
by osan03 | 2006-08-18 12:45 | 赤ちゃん
赤ちゃんを妊娠したら、 皆の目は生まれる事に向きます。 けれど 何もせず ただ 食べて寝て10ヶ月を過ごして 良いお産になる事はありません! 更に 今のお母さんになる人は、体を冷やしている人、太り過ぎている人が  かなりいます。     お産は = その人が妊娠中 どんな生活をしてきたか!=が 全部出ます。(胎盤や、臍帯、卵膜の質にも全部出てきます。それを見ると その人が妊娠中 どんな生活をして来たかがおよそ 分かります!) 

生まれる時になって、苦しみが長引いても もう どうする事も できません。

もし、楽に ツルンと楽しく 産みたいのでしたら、 体を よく動かす事・・・家の仕事は 体の鍛錬と思ってどんどんこなしていく事、一日3時間を目標に やや早足で歩く事、 体を 冷やさない事、特に下半身は 冷やしてはだめです。 体重を増やし過ぎない事、和食中心の生活、 
早寝 早起きの習慣、そして 外に出ている時、季節の移り変わりを 目で見て肌で 感じる事、お腹の赤ちゃんに お話しして教えてあげてください!!

基本は こんなところです。 後は、個人によって調整してゆきます。

これらを 全てやっても陣痛が長引く時は、長引く事が必要な理由が 必ず何かあります!
それは、 生まれてみて始めて  ‘ああ 、そうだったのか’ と分かるものです!!
               
[PR]
by osan03 | 2006-08-10 05:57 | お産
毎日 暑いですね~ 。今 一年分の梅干(42キロ)を天日干し しています!
梅干しを作るのには、最高の天気ですね!!ところで妊婦さんは 気をつけて! 暑いと どうしても薄着になってお腹や、下半身を冷やしてしまいます。冷たい飲み物や アイスも食べてしまいます。胎動のある方は その直後の赤ちゃんの動きに気を付けてみて
蹴るような激しい動きをしていませんか?  お腹の赤ちゃんは 冷たいのがいやで中で暴れます。そんな時は、お腹を温めて!モコモコとした 緩やかな動きになれば ok です。また、体を冷やしてしまった日は夕方~夜にかけてお腹の不調が起きて来る事があります。・・・毎年の事とは思いますが、これから   ‘夜中 産婦人科に駆け込んで来る人が増える’   と思います。 ‘気を付けて’
それから、赤ちゃんがぐずっている時 クーラーで冷やされて、紫のまだら模様ができている事があります。そんな時温めてあげるだけで 落ち着く事があります。

妊婦さんの  ‘冷え’  はいろいろなトラブルを引き起こしますので 要注意を!!!!!
[PR]
by osan03 | 2006-08-06 01:50 | 母体と赤ちゃんの健康!
お家でのお産は、 お母さんになる人の健康が絶対条件ですね!10ヶ月の間、良い状態をキープしているのは、中々 大変です。 生活の乱れ、心の悩み、 みんな体や健診のデータに出てきてしまいますね。 お産までに取り除いておかないと 良いお産にならない!一人一人みな違うので 自分も毎回真剣に向き合っています。何度かお会いしているうちに、相手の方と 心から糸が出て繋がっていく感じがあります。  この糸が遮るモノがなくスット繋がっているのが一番いいですね!  お産が近くなると、この糸の力が強くなってきます。
[PR]
by osan03 | 2006-08-04 00:17 | お産