妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:子供の体力( 1 )

こんにちは、読まれる前にクリックお願いします!
クリックしてね!
人気blogランキングヘ


くつろぐブログランキング
クリックしてね!


子供の体力が、緩やかながら少しづつ向上してきたようです!
Excite エキサイト : 社会ニュース
2008年10月12日 18時38分
<体力・運動能力調査>10代は緩やかな向上傾向 文科省
 中学生以上の10代の体力や運動能力は、この10年で緩やかな向上傾向にあることが、文部科学省の07年度体力・運動能力調査で分かった。現行方式での調査開始から10年目で、前年までとは比較方法が若干違うものの「一部種目で(運動能力の)下げ止まりがみられる」とした06年度調査から一転して向上傾向となった。

 調査は07年5~10月、6~79歳の計約7万人を対象に実施した。

 全種目(6~11歳は8種目、12~19歳は9種目)合計点で、小学生は大きな変化がなかったが、中高校生は向上。13歳では80点満点で38.87点から42.94点になった。種目別ではこの10年で、13歳男子の上体起こし(腹筋運動)は23.45回から27.10回に、13歳女子の20メートル往復持久走は50.28回から59.81回になった。反復横跳びなどを含め、練習効果の表れやすい種目で記録が向上していた。

 07年度調査は、上体起こしなどが加わった現行方式の調査開始から10年目にあたる。06年度調査までは、旧方式の調査から継続している50メートル走やボール投げなど4~5種目で変化を分析してきた。今回初めて全種目で比較し、下げ止まり傾向が見られるとした06年度から一転、緩やかな向上との分析になった。

 ピークだった85年度との比較では、依然各種目で記録が劣っている。しかし中学男子では、13歳男子の50メートル走が7.90秒から7.94秒、ハンドボール投げが22.10メートルから22.03メートルで大差なかった。

 スポーツをする頻度については、小学生で「ほとんど毎日(週3日以上)」と答えた割合が男女とも85年度より減少したが、中学生では男女とも増加。13歳男子は87%(85年度79%)だった。高校男子は増えているが、女子は「しない」と回答した割合が増えて約3割に達した。

 調査に携わった順天堂大の青木純一郎特任教授は、中学生以上の体力向上について「スポーツ科学が発達し、部活動やスポーツ教室などの指導者の知識が高まった効果ではないか。小学生段階では筋力などのトレーニング効果が出にくい」と分析している。【加藤隆寛】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この調査は中学生以上の10代の調査ですが、
体をよく動かしている子と余り動かさない子とでは、1歳前後の子でも
明らかな‘差’が出てきます。


以前、保育園の0~1歳児担当の仕事をしていた事がありますが、
体を余り動かさない子は筋肉の発達も悪く、足の土踏まずの発達も悪かったです。
土踏まずが殆ど出来ていない・・・という状態でした。
土踏まずが出来ていないと、歩き始めてから体の重心が足の踵の方にいき、
転びやすくなります。


つい最近、母乳育ちの9ヶ月の赤ちゃんのいるお家に家庭訪問をしました。
その子はしっかり足の指を使って、結構早くハイハイをしていました!
その子はもう土踏まずが出来てきていました!
感動して、お母さんに`この子 もう土踏まずが出来てきているよ!'と話しました!

ハイハイをせずいきなり‘つかまり立ち’をする子がいます。
ハイハイは全身を使います。
手・足・胸・首・背中・そして内臓にも影響が大きいと自分は思っています。
いきなり‘つかまり立ち’は重要な発達過程を、1つ飛ばしてしまう事になります。


お部屋を整理してハイハイスペースを作ってあげるといいですね!

どの年代であれ(発達過程にある時は特に)、体をよく動かす事はかなり重要です!!!



クリックしてね!
人気blogランキングヘ


くつろぐブログランキング
クリックしてね!


[PR]
by OSAN03 | 2008-10-12 21:26 | 子供の体力