妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:出産準備( 1 )

出産準備!

妊娠が分かった時、皆さんお産に向けて色々準備を始めます。

一般的な準備については、出回っている多くの本に、大体書いてありますので、ここでは省略します。
自分が見ていて、どの本にも余り書いていないけれど、しかしとても重要な視点が抜けている、と思う事があります。


皆さんの目は、特に始めてお産を迎える゛初産゛の方は、゛お産 ゛にだけ心が向き、その直後から始まる゛授乳゛に心が向いていません。

自分がいくら゛授乳゛の事を話しても、右の耳から入って、左の耳から抜けていきます。


そして生まれてから始めて゛赤ちゃんが生まれた直後から母乳を飲む ゛という現実に直面し、それに向けての重要な準備をして来なかった為に、産後すぐから苦労しているケースをたくさん見て来ました。

生きている者は、自分が生きる為にモノを食べます。

それは赤ちゃんとて同じ事です。


赤ちゃんにとってそれは゛授乳 ゛です。


どうしたら産後すぐからスムーズに授乳が出来るか?


何を準備し、気をつけたらよいのか?


これは基本でありしかも重要です。そしてそれは゛妊娠前 ゛゛妊娠中 ゛の食事にあります。

自分が言う事は、病院等で行われている指導とかなり違う事が多いです。


自分は゛現場主義 ゛ですので、現場の中で赤ちゃんやお母さんが、自分の体を通して教えて下さった事を重要視します。

経験を通して分かった事は、妊娠前、妊娠中に乳製品を中心とした洋食を取らず゛和食 ゛中心に食事をして来た方は、おっぱいの詰まりが少なく、乳頭や乳輪も柔らかくて、赤ちゃんが吸いやすく、又、良く吸ってくれる・!という事実です。
とくに気になったのは牛乳を、妊娠前、妊娠中に゛体に良いから!゛と言われ、毎日のようにたくさん飲んできた人は、最初から 頑固なシコリがあり、簡単には取れません。乳頭もかなり詰まっていて、マシュマロのように柔らかく、弾力のある乳房とは 程遠くなります。母乳もベタベタ粘りついて、手当てをしていても、指がへばりついてしまいます。味もくどくてまずいです。赤ちゃんは味に敏感ですから、嫌がって怒って泣くか、寝たフリをしてきちんと吸ってくれません。こういう場面に遭遇した時、自分は必ず妊娠前、妊娠中の食事を確認します。全員に共通していたのが乳製品で、特にその中でも゛牛乳 ゛でした。そしてその人が取った量に比例して、頑固さも強くなり、最近では、初産にも関わらず、もう絶対に手当てで完全に取る事が不可能なケースが結構出て来ていて、そういう人は、乳房の中にシコリを持ったまま、これから先の人生を生きていく事になります。

赤ちゃんに関しても、このままではきちんと飲んでくれないので、食事に注意して、このまずい母乳を絞って捨て、粘りが取れて味に変化が出て来た頃から、良く飲んでくれるようになります!

妊娠前、妊娠中の食事は重要です!

基本は゛和食 ゛です。

日本人の体の遺伝子は゛和食 ゛に対応しています。
特に赤ちゃんには、それがはっきり出ていて、洋風化の遺伝子は持って生まれたきていません。
これは本当に重要な事です。

まだ、出産準備として、気をつける事はありますが、自分が一番気になった事を書きました。

☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
           ↓↓↓
クリックしてね!
人気blogランキングヘ!
    くつろぐ ブログランキング クリックしてね!

  
[PR]
by osan03 | 2008-08-13 16:15 | 出産準備