妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:未分類( 93 )

【 呼吸法 】の続き!

良い事を聞きました❗️

前回、陣痛を 少しでも“ 楽 ” に乗り切る為の呼吸法を書きましたが、
それに追加して、更に良い方法をお聞きしましたので お知らせします!

産婦人科の先生(産婦人科医)がお産の時に 実践指導していた 【 呼吸法 】

1 息を吸って~~~、
2 止めて~、
3 ゆぅっくり~~~はいて~~~、

試してみました!
確かに“ 楽 ” です❗️

これを、前回私が書きました「 呼吸法 」で試してみて、
効果が “ + α ” で更に良い!という感じを受けました!

【 まとめますと 】
1 下っ腹を ( 恥骨の上あたり )ゆっくり膨らませながら 息を吸って~~~、
2 息を止めて~、(2秒前後)
3 下っ腹を凹ませながら、ゆぅっく~り~~~息を吐いて~~~、
( 目の前 10㎝のロウソクの火を消さない位 少しづつ ゆぅっり~~ 吐いて~~~)
4 意識は下っ腹において、

これを繰り返す❗️

頭を使わない❗️
ただ、ひたすら 意識を下っ腹に持って行き、呼吸に意識を合わせる❗️

こんな感じです‼️
試してみて下さい!

お産以外の全ての “ 日常生活 ”でも使えますよ!
これをしていると、自分の “ 意識 ” にも、安定した変化が表れて来ますよ❗️

[PR]
by osan03 | 2017-10-05 22:52
“ 楽 ”な陣痛なんて殆どありません。
みんな顔を歪めて本当に苦しそうです。

でも、そんな中でも静かに落ち着いて“陣痛”をかわしている人がいます!

他の人と どこが違うか?

【 呼吸 】の仕方が違うのです!

「痛い、痛い 」と言っている人の呼吸。
そんな人をよく見て下さい。
共通して「【胸の呼吸】をしています!
そして“意識”は【頭】にあります!

胸(おっぱい)から “ 上 ”が上下してよく動いています!
“自分”は【頭】にあります!
呼吸するたびに肩が上がり下がりしています!

もし、陣痛が来ている人がそばにいるならよく観察して見て下さい!
どこが動いていますか?

対照的に落ち着いて静かに乗り切っている人。
肩は動いていません!
下っ腹だけが“静かに”前後しています!
意識も“下”にあるので、瞑想しているような感じを受けます!

最初は肩呼吸で“痛い 痛い ”と乱れていた人でも、
この下っ腹の呼吸をマスターして うまく出来るようになると
さっきまでとは“全然別人”になります!

では、下っ腹の呼吸はどのようにやるのか?
次に書きますので、
陣痛が本格的に強くなる前にマスターして下さい!
同じ陣痛を乗り切るなら、少しでも“楽”な方がいいに決まってますよね!

1 意識を下っ腹に持って来る。
自分の手を 恥骨 の上あたりの下っ腹に当てて下さい!
そこを感じて下さい!
しっかり 感じて下さい!!!
これが一番 “重要” ❗️
2 次に 顔の前 10㎝ に一本の“ ロウソク ” があるとイメージして下さい!
呼吸をしている時、そのロウソクを消してはいけません!
「 フゥ〜」っと大きく息をしてはロウソクが消えてしまいます!
鼻から 【 少し 】 息を吸い、その時 さっきの下っ腹を自分の手を押すようにして
“ 前 ” 出します!
少しでいいですよ!
息を吐く時は、丁度 風船に細い針を刺したように、
少しづつ少しづつ 口 から吐いていきます!
「フゥーツ」と力強く吐いたら ロウソクが消えてしまいます!
ロウソクを消さないように、静かに、ゆっくり、細く 吐いていきます!
意識は勿論 「 下っ腹 」に置きます!

何も考えません!
頭を使いません!
只々、下っ腹に意識を持って来て、そこだけを感じて“ 呼吸 ”します!
「ヒッヒッフー」であろうと何であろうと、
全てこの呼吸でやります!!!

試してみて下さい!
マスターしたら、自分が一番その違いに“ 気づく ” はずです❗️
だから産婦人科内に響き渡るような叫び声を上げていた人だって、
この呼吸をマスターしたら、別人のように静かになります❗️

ただこれだけで、楽に乗り切るか!
苦しんで乗り切るか?
その違いは 一目瞭然 です❗️

【 ポイント 】
息を吸いすぎない!
吐く時は静かに少しづつ!
目の前 10 ㎝ にあるロウソクを消さない!
下っ腹に意識を持っていく!
何も考えない!
只々意識を下っ腹に持っていき、感じてゆっくりと少しづつ吐いていく!

そしてそこには、普通 赤ちゃんの “ 頭 ”があります❗️
赤ちゃんに心で話しかける “ イメージ ”でやると尚 いいですよ❗️



[PR]
by osan03 | 2017-09-27 10:16
“ 楽 ”な陣痛なんて殆どありません。
みんな顔を歪めて本当に苦しそうです。

でも、そんな中でも静かに落ち着いて“陣痛”をかわしている人がいます!

他の人と どこが違うか?

【 呼吸 】の仕方が違うのです!

「痛い、痛い 」と言っている人の呼吸。
そんな人をよく見て下さい。
共通して「【胸の呼吸】をしています!
そして“意識”は【頭】にあります!

胸(おっぱい)から “ 上 ”が上下してよく動いています!
“自分”は【頭】にあります!
呼吸するたびに肩が上がり下がりしています!

もし、陣痛が来ている人がそばにいるならよく観察して見て下さい!
どこが動いていますか?

対照的に落ち着いて静かに乗り切っている人。
肩は動いていません!
下っ腹だけが“静かに”前後しています!
意識も“下”にあるので、瞑想しているような感じを受けます!

最初は肩呼吸で“痛い 痛い ”と乱れていた人でも、
この下っ腹の呼吸をマスターして うまく出来るようになると
さっきまでとは“全然別人”になります!

では、下っ腹の呼吸はどのようにやるのか?
次に書きますので、
陣痛が本格的に強くなる前にマスターして下さい!
同じ陣痛を乗り切るなら、少しでも“楽”な方がいいに決まってますよね!

1 意識を下っ腹に持って来る。
自分の手を 恥骨 の上あたりの下っ腹に当てて下さい!
そこを感じて下さい!
しっかり 感じて下さい!!!
これが一番 “重要” ❗️
2 次に 顔の前 10㎝ に一本の“ ロウソク ” があるとイメージして下さい!
呼吸をしている時、そのロウソクを消してはいけません!
「 フゥ〜」っと大きく息をしてはロウソクが消えてしまいます!
鼻から 【 少し 】 息を吸い、その時 さっきの下っ腹を自分の手を押すようにして
“ 前 ” 出します!
少しでいいですよ!
息を吐く時は、丁度 風船に細い針を刺したように、
少しづつ少しづつ 口 から吐いていきます!
「フゥーツ」と力強く吐いたら ロウソクが消えてしまいます!
ロウソクを消さないように、静かに、ゆっくり、細く 吐いていきます!
意識は勿論 「 下っ腹 」に置きます!

何も考えません!
頭を使いません!
只々、下っ腹に意識を持って来て、そこだけを感じて“ 呼吸 ”します!
「ヒッヒッフー」であろうと何であろうと、
全てこの呼吸でやります!!!

試してみて下さい!
マスターしたら、自分が一番その違いに“ 気づく ” はずです❗️
だから産婦人科内に響き渡るような叫び声を上げていた人だって、
この呼吸をマスターしたら、別人のように静かになります❗️

ただこれだけで、楽に乗り切るか!
苦しんで乗り切るか?
その違いは 一目瞭然 です❗️

【 ポイント 】
息を吸いすぎない!
吐く時は静かに少しづつ!
目の前 10 ㎝ にあるロウソクを消さない!
下っ腹に意識を持っていく!
何も考えない!
只々意識を下っ腹に持っていき、感じてゆっくりと少しづつ吐いていく!

そしてそこには、普通 赤ちゃんの “ 頭 ”があります❗️
赤ちゃんに心で話しかける “ イメージ ”でやると尚 いいですよ❗️



[PR]
by osan03 | 2017-09-27 10:16
この地球を 宇宙を 動かしている “ 力 ”
朝日が昇り、日が沈む。

月が夜空を柔らかな光で包む!

植物が成長し、生き物達が活動する!

そして 人も目を覚まし 活動して 休む!

これらを動かしているのは 全て 一つの “ 力 ”

私達も、全てのモノも その “ 力 ( エネルギー )” によって生かされ
動いている!

大きな 大きなエネルギー “ 愛の力 ” によって全ては生かされ 動いている!

本当に “ 全て ”です!

自分のこの、動き 考え 感じる 源の力、エネルギーは どこから来たと思いますか?

どんな物も エネルギー(力)が補給されなければ動きません!

それを補給してくれている 大元の “ 存在 ” がある…!

その存在を “ 愛 ” と呼んでいる人もいる!

全てのモノに等しく行き渡っている そのエネルギー
私達は それにより 全てが繋がっている!

すべては 壮大な 宇宙という体の中の 細胞達!

そのエネルギーを、愛を、力を、受けて
何の邪魔をされる事無く 自分という器の表現を
素直に表現しているのは 赤ちゃんや 小さな子供達 ❗️
そして自然界の生き物達❗️

そこには純粋な 美しいエネルギーが 愛が 流れている…❗️




[PR]
by osan03 | 2017-09-23 01:00

アボガド

今日はちょっと仕事とは全然関係の無いお話をします。

ベランダに『 アボガド 』の木があります。
南国の木なので、冬は室内に入れなければなりません。

これ、食べた種を鉢に植えたら“芽”が出て来たんです!
1年目、冬 外に置いておいたら枯れてしまいました。

よく年「もうダメかな?」と枯れたのを見て思った。
でも、捨てることが出来ないので、毎日毎日眺めていた!
そしたらしばらく経って付け根から新しい“芽”が出て来た❗️
嬉しかった❗️
毎日毎日眺めていた!

それからは毎年 冬に室内に取り込んでいた!
でも、私の身長くらいになり大きくなり過ぎてしまった。
それで去年は、ベランダで藁やビニールを巻いて囲いを作り外に置いた。
“大丈夫かな?”
と若干心配しながら見守っていた。
冬の寒風と低温に、南国の木はやはり耐えられなかった…。
枯れてしまった………。
“ ごめんね…” と呟いてやはり捨てる事が出来なかった…。
又、毎日毎日眺めていた。
ある日 “ もう駄目かな…?芽が出ないかな…? ” と枯れた木に目をやっていた時、
下から50㎝位の高さの緑の青々とした木が一瞬見えた!
“ えっ でも枯れているよ? ” と思った。
その後も同じ事がもう一回あった!
相変わらず枯れたままだったけれど
6月に入ってからだと思うの。
フと目をやると、枯れた幹の下の方から“芽”が持ち上がってきていた❗️
いゃぁ~~~嬉しかった❗️❗️❗️
それから毎日毎日 又 眺めていた!
南国の木は成長が早い!
毎日5㎝前後伸びた!

でも私は思った。
“ 余り高くならないで! ( 50㎝位の高さをイメージした)
横に伸びて!” と。
ある日 伸びている先端にアブラ虫がいっぱいついているのを発見して、
殺虫剤を噴霧した。
そしたら 真中の“芽”が死んでしまった…。
又々、“ あぁ~ごめん… ” と謝った。
その後も“芽”が伸びて来るか見守っていたけど駄目だった。
でも、でもです!
先端は伸びなくなったけど、代わりに “ 横の枝 ” が伸びて来た!
ドンドン伸びて 本当に上下 左右、50㎝ 位にコンパクトにまとまって
秋の今、成長が止まった!

6月頃に “ 見えた通りに ” なってしまった❗️



[PR]
by osan03 | 2017-09-17 02:24

” 未来 ” の夢!

いつも私の中に浮かんでくるイメージがあります!

澄んだきれいな小川がサラサラと流れている!
川底の小石まで透き通って見える!
水の流れる “ 音 ” まで聞こえて来るようです!
小魚があちこちで 尾を振りながら泳いでいたり、小石の陰に隠れている!

この小川の周りは 緑の草の生えた平地。
所々、デコボコしていて緑の木々も生えている!

時々、
柔らかな風邪が サッと吹き抜ける!
モンシロチョウも飛んでいる!

その平地で、小さな子供達が 笑って歓声を上げながら走り回っている!

お母さん達は、そんな我が子を その平地で腰を降ろしながら
にこにこ嬉しそうに眺めている!

ただ、これだけなんだけど
そんな穏やかな世の中になつているイメージが湧いて来ます❗️


[PR]
by osan03 | 2017-09-11 12:04
よく 《何処そこの大学教授》とか《何処そこの先生》とか、肩書の偉い人が本を書いています。

結構 名前の知れた方もいます。

私はそれらの本を読んだ時 〈 この人は “ 偽物 ” だ!〉と思う事があります。

何故なら、徹底的に “ 現場 ” に入って “ 事実 ” を見ておらず、
ただ “ 肩書 ” だけで、“ 机上の空論 ” だけで
そして “ 妥協 ”で物事を書いているから。
仮に “ 事実 ” を知っていたとしても、スポンサーに雇われている為に
事実を書けなかったり、世間の求めに妥協して書いているから。


徹底的に現場に入って、トコトン現実を見て、自分の体で、
感覚で物事の “ 事実 ” を知った目には、
どんなに肩書が偉くても、社会的地位があっても
その人の “ 程度 ” が分かります。

事実を知らない、見ていない、又は妥協している、
それなのにあたかも “ 事実のように” “ 真実のように ”本を出している……。
それを見た 世間一般の人々は、それが “ 事実 ・真実 ” だと受け止め
事実・真実 とは程遠い “ 間違った 情報を事実・真実 ”と思ってしまう……。

「こんないい加減な事 書かないでよ!」と、思う事があります。

多くの人々の目に触れる書物は、
それが現場の裏付けを必要とする物なら、責任がある!

地位や肩書だけで物を書いてはいけないと思う。

それを手に取って読む人々への責任がある!

[PR]
by osan03 | 2017-08-10 04:17

蜂蜜 注意!

最近見ました地域の情報誌で、1歳になっていない赤ちゃんに
蜂蜜を食べさせて 亡くなったという記事がありました。

皆さん、1歳までは絶対に赤ちゃんに “ 蜂蜜 ” や、“蜂蜜の入った飲み物”
蜂蜜を使ったお菓子などをあげないで下さい。

腸内で 「ボツリヌス菌 」が増えて毒素を出したためです。
「ボツリヌス菌」は熱に強いので、通常の過熱や調理でも
駄目なようですよ。


[PR]
by osan03 | 2017-08-05 03:20

日本の現実

今日は、今 日本を支配している「 裏社会」の【 事実 】を 、
短い動画にした物を見つけましので、皆さんとシェア致します。

新聞やテレビなどのマスメデァは、まず、【本当の事実】を伝えていない事が多いです。
逆に、事実から目を逸らさせる報道もあるようですね。

という事は、何を“ 意味しているか ”
考えてみると、日本社会を支配している現実が 見えてくるかもしれませんね!

今はユーチュブなど、世界の情報が誰でも見れるようになっています。
日本が 絶対報道しないような情報も、ネット上では見れたりします。

皆さんもネットを散策したら、「なぜこんな情報を日本では流さないの?」
と思う情報と出会うかも知れませんね!
では、見つけた下の動画をどうぞ!

【世の中の現実を分かり易く描写したドラマ】
 
1.世の中の現実(阿部寛)
http://residence-ex.com/Lhd5073/4s121
 
2.社会というもの(天海祐希)
http://residence-ex.com/Lhd5073/5s121

( 事実を知る事は、隠された現実を作り出して、我々庶民を支配しようとしている人間の“ マインドコントロール” から抜け出す一歩になると思います。)

 
 


[PR]
by osan03 | 2017-07-26 21:07

変だと思いませんか?

あなたは “ 変だ ” と思いませんか?

子供達が皆同じ制服を着て、同じ教育を受けている事を “変だ ”
と思った事はありませんか?

自然界を見てみましょう!

たくさんの鉱物、石や岩、どれ一つとして全く同じ物はありません!
同じように、植物界も動物界も どれ一つとして全く同じ物は存在しません。

例えば同じ種類の物であったとしても、瓜二つの同じ物は存在しません!
例えば お花を見てみましょう!
“ひまわり”でもいいです。
どんなに同じ種類であったとしても、葉っぱやお花の大きさも
背の高さも、お日様に向いてる角度だって 全く同じ物は存在しません。
皆、自分の置かれた環境で、今、自分が表現出来る最大限の“自分”を表現しています。
これが動物であっても同じ。
例えば “ 鹿 ” でも “ 熊 ” でも “ ライオン ” でもいいです。
その “ 種 ” の持っている基本的な所は同じであっても、
それぞれは 自分がしたいように生きている!

自然界は それぞれが、自分がしたいように、生きたいように生きている!
それでいてこの地球の上で、人間の手が入らなければ バランスよく
調和を持って生きている!

人間だって本来はそうあるべきだと私は思う。
これだけ沢山の人がいるのに、誰一人同じ顔を持った人がいない!

私は不思議でまじまじと 人の顔を見てしまう事があります。
顔が違うように、それぞれの人の感じ方、好み、考え方も
全て違うはずなのに、同じ 《 枠 》 に入れようとしているのが人間の世界。

制服を着た子供達を見ていると、本当にそれを感じる。

それぞれの子供達が本来持っていたはずの 《 自分の個性 》が、
表現される事もなく、《 制服 》という 《 枠 》の下に押し込められている…。
そして、ドングリの背比べのように 同じカリキュラムの元で、
同じ教育を受けている…。
その子だけが持っている 、他の子が持っていない “ 才能 ” を伸ばしてあげる事もなく
みな、出た杭は打たれ 平均化されている…。
来る日も来る日 同じ事をされ、
やがて自分は何をしたかったかも分からなくなっていく…。
そして、植え付けられた 《 価値観 》で物を見、考え、生きていくようになる…。

自分が本当にしたい事ではないものの中で生きていくようになったから
心踊るワクワクした楽しさも、感じる事が出来なくなってしまう…。
全て 一律の同じ枠で生きていく人間が出来あがったら、
誰が一番都合が良いか考えた事、 ありますか?

先生方の中にも《 飛び出さず 皆と同じように》いう事を聞いてくれる
生徒の方が都合が良い! と思っている方はおりませんか?

こういう生徒を大量生産して、社会に出した時一番都合の良いのは誰ですか?

一度じっくり考えてみても良いのではないですか!

でも、こういう時代はやがて“ 崩れていく ” と私は思っておりますが。
もう、そこまで来ているのかもしれませんね。



[PR]
by osan03 | 2017-07-23 01:31