妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:未分類( 77 )

自分はこのブログを通して、これから母乳育児を始めようとしている方に
必要な情報は ほぼ書きました。

このブログの過去記録を辿ってゆけば、どこかに自分が必要としている情報があるはずです。
これからは、“ まだ足りなかった!” と思った事などを書き足していきます。
今回、“これも追加した方が良い” と思った事がありましたので書き加えます。

『 おっぱいトラブルが起きた時は、しっかり手当てして取っておかなければ、
次の子を出産した時に 同じような部位が、トラブルを起こしやすくなります。』

家庭訪問をしていて、“ あぁ~ここは前回もトラブルがあった場所だな…”
と思い、お母さんに聞くと大体トラブルを起こしています。

これは自分の推測ではありますが、
お母さんは自分ではあまり自覚は無いがも知れませんが、乳腺の中にはトラブルで体の外に出してもらえなかった母乳が、そこの部位で濃縮して固まり、
しこりを作っています。
そこは次の子を生んだ時も、血液循環や母乳の流れも悪く、
トラブルを起こしやすくなっています。
又、こういうトラブルをそのままにしておくという事は

《 血液循環が悪い部分が残ってしまう 》ことであり、お勧めは出来ないですね。

健康に関する全ての問題は血液循環が悪くなり、
そこの部分の代謝がうまくいかない事にあります。

ですから出来るだけ取ってしまう事をお勧めします!



[PR]
by osan03 | 2015-07-20 05:21

植物を見て思う事

毎日のように車に乗っていて、道端の草を見たり
家庭菜園の作物を見ていて思う事は、植物はたとえどんな環境にあっても
その置かれた環境で、自分が出来る精一杯を生きている!という事です。

信号待ちをしていて、舗装道路のわずかなすき間に生えている草、
今のように“梅雨”てあれば水の心配はないけれど、梅雨に入る前は日照りであった。
一部の葉を枯らしながらも、それでも逞しく生きていた!
その生命力の逞しさに “凄いなぁ~” と思った!

沢山の木々が生い茂っている所、太陽の光もあまり当たらない、
全ての木々が上へ上へと伸び、その頂上で葉を茂らせている!
光を受ける為に、只々上へ向かって伸びている!

家庭菜園で日本胡麻を蒔いている。
粒が小さいので一粒一粒は面倒なので、
まとめてバラバラと蒔いた。
ほぼ、その全てが芽を出した!
余りに固まって芽を出していたので一部を間引きした。
それを畝の間に捨てた。
今日行ったら、捨てた一部の胡麻が逞しく根を出して生きていた!
それを見た時 “ この胡麻はここでこのまま育てよう!” と思った。
“ 生きよう!” とするその意志と生命力!
全ての命を育てる事は出来ないけれど、出来るだけ生かしたいと思った。


[PR]
by osan03 | 2015-06-18 22:26

お腹にいた赤ちゃん!

以前のブログでも書いたと思いますが、再度取り上げたいと思います。

お腹の赤ちゃんは、お母さんの自分に対する心を敏感に察知しています!

お腹の外の事も知っている事があります。
まだお腹にいた時、家族で出かけた時の風景を
生まれて言葉が話せるようになってから話した子もいました!
又、上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる時、その子達とテレパシーで
会話している事があります。

妊婦さんが、常にお腹の赤ちゃんに話しかけていると、
赤ちゃんと妊婦さんとの間にコミュニケーションが出来上がり
妊婦さん(お母さん)の話しかけに赤ちゃんが胎動で答えたりします!

いつ生まれるかを自分で決めていたのでは!
と思われる事もあります。
上のお兄ちゃんが「今日生まれるよ!」と言ったら
本当にその日に生まれてしまった事もありました!
私もまだ “自宅分娩” をやっていた時、
1人だけですが、いつ生まれるかが 分かってしまった事がありました!
そして本当にその日に生まれました!

自分が生まれて来た時、回りにどんな服を着た人がいたかを
話した子もいました!
3歳位の男の子に「どうやって生まれて来たの?」と聞いたら
カーテンの影に隠れて、次に頭を出してそれから顔を出した子がいました。
再度同じ事を聞いたら、全く同じ事をしました!
赤ちゃんが生まれて来る時、
産道を通って最初に頭を出してそれから顔を出します。
この子は自分が生まれて来た時の事を覚えていたのですね!

3歳位までは、お腹にいた時の事や、
生まれて来た時の事を覚えている子がいる!と言われています。
赤ちゃんが生まれて来たら、3歳までに聞いてみると
まだ忘れていない子なら、色んな事を話してくれるかも知れません!
聞いてみるといいですね!

[PR]
by osan03 | 2015-06-05 00:23

幼児の食事の好み!

母乳育児をしていた赤ちゃんが、離乳食を終えて普通食になった時、
食事の好みは、母乳を飲ませていた時お母さんが食べていた
食事の影響をかなり受けていると思われます。

母乳はお母さんの食べていた食事から作られる為、
その食事の味が母乳にも出ているようです。

赤ちゃんの味覚の最初の土台が作られる時です!

少し大きくなって色んな物を食べ始めますが、
根本にある “味覚” は揺るがないようです!

母乳育児をしていた子供達が、大人と一緒になって食事を食べ出した時
何を好んで食べるかを見ていると、そこにハッキリ出てきます!

母乳育児でなかった子供は、家族の食べていた物や、
お母さんがよく与えていた物の影響が大きいと思われます。

言葉が話せるようになってからも母乳を飲んでいた子は、
母乳を飲みながら「○○○の味がする!」と、
お母さんに教えていた子がいました!

一般には、子供が3歳までにお母さんが食べていた物が
その子の “味覚” を決定する! と言われています。

どちらにせよ、その子の一生の土台の “味覚” を左右するのは、
お母さんが大きな影響を与える!
と言う事ですね!

くれぐれも “添加物だらけ” の食事で土台を作る事の無いよう
気をつけて欲しいと思います!


[PR]
by osan03 | 2015-06-01 23:31
今日、食事を通して人々の健康を指導していらっしゃる
女性の先生とお話しする機会がありました。

その先生は畑もやり鶏も飼っていらっしゃる!
鶏は雄鶏も飼っているので、卵は “有精卵” だそうです。
鶏は自分で雛を孵(かえ)し、その中には雄鶏も結構生まれてくると。
雄鶏は卵を生まないから、やがて “肉” になる運命が待っています!

先生の所にはお母さんや子供達も、見学や 指導を受けに来られるようです。

自分達が “ 食事をする! ” という事はどういう事か!

を知って頂くため、お母さんや子供達が見ている所で、
雄鶏を殺す所からやるそうです!
お母さんの中には、 “残酷だ” と目を背ける人がいるそうです。
しっかり見ていた子供達は、きちんと 鶏肉を食べるそうです!

自分が子供の時も田舎だったので、雄鶏と雌鶏を放し飼いで飼っていて、
雄鶏はお正月に向けて、年末に殺して “鶏肉” にしていました。

首をはねられた雄鶏は、真っ白い雪の上を血で染めながら
バタバタもがいて暴れ、やがて動かなくなりました。
それを茹でて羽をむしって “肉” にしてお正月の料理に使いました。

人が “ 物を食べる!” とは、“生き物の命を食べる!”と言う事です!

目を背けたお母さん、自分が食べている肉は、
🐓であれ、牛であれ、馬であれ、魚であれ、全てのモノはこのように “そのものの命”
を殺して “ 肉 ” にしているのです!
それを人間が食べているのです……。

殺される動物は、自分が殺される事を察知して強い恐怖を持ち、
激しく抵抗します……。

自分が食べる物は、単なる “物質” では無く、
このように元は “ 命ある生き物だった!” と言う事を自覚して欲しいと思います!
野菜にしても同じです!

これを自覚したら、食べ物を粗末にして捨てたり、
自分の好き放題に食べたりは出来なくなってきます。

それらは皆自分と同じ “命ある生き物” だったのですから。

子供達の方がこの現実を、お母さんより素直に受け止めているようです!


[PR]
by osan03 | 2015-05-27 21:49
私はネットの中をあたこち情報を探して見る事があります。
そこでとても “怖い” 記事を見つけてしまいました!

自分でも、“ 肉”や“ “ 牛乳 ” “魚 ” など、以前調べてその危険さを
ある程度認識していましたが、今回見つけた記事は、
自分の調べたものは、“まだ甘かった!” と思わせる内容でした!

商品になってしまえば、スマートで安心な感じがしますが、
その、“商品になる前の過程” でとても怖ろしい “ 事実 ”があります。
もっと “ 裏側 ” の事実を自覚して、皆さんにも深く考えて頂きたい!
と思いましたので、その記事をご紹介しようと思いました。

『 自然食と健康』 を検索すると項目が色々出て来ますが、
その中の 『 自然食と健康 -ocn 』を開いて見て下さい!
その中の 「 5 食べないほうがいい 」 を見て下さい!
今 赤ちゃんを育てている方には、“衝撃的な事実 ” もあり
ショックが強すぎるのでは………、と思われるのですが…、
受け止める自信の無い方は見ないで下さい。

“ 事実を知って欲しい” という気持ちと、“衝撃が強すぎるのでは”
という気持ちの両方です。
赤ちゃんを育てているお母さんには、どうするか 判断をお任せします。

[PR]
by osan03 | 2015-05-25 00:10

白魚の指と食事

妊婦さんで白魚の指のような人がいます。
力仕事を何もして来なかったような体で、足の筋肉も無く
一見 スマートで、見た目には良いかもしれませんが
お産を考えると、“ 大丈夫なのか? ” と思ってしまいます。
このような人が、焼きそばとか焼肉とか、肉類や油炒めを多食すると
体調を崩してしまう事があります。
筋肉が無いので熱の生産が悪く、そのうえ油物や肉類を多食しているので
血液を酸性にし、消化の過程で老廃物を出し血液を汚します。
代謝も悪いので、身体の末梢の血液循環も悪くなっています。

身体の中心部の体温は高いけど、手足などは冷たい、という人もおります。
身体の表に出た所は、見て触れるので分かりやすいけれど
身体の内部は直に見て触れませんので、“身体の不調” という形で自覚されます。

身体の不調がある所は、必ず新陳代謝が悪くなっています。
要するに
身体の隅々まで栄養を届けて、末梢に出来た老廃物を運んできて
体の外に出す! という事がスムーズに出来なくなっているのです。

原因は色々あるかも知れませんが、食事の占める割合は“かなり高い” と思います。

何故そう思うかといえば、今までも体調の悪い人に対して、
食事を “和食” に切り替えてもらっただけで、“体調が改善した!”
ケースがたくさんあるからです。

妊娠してから筋肉をつけるのは難しいですが、
せめて食事を “和食” ( ご飯→白米なら雑穀を2割混ぜる。又は玄米や分づき米にする。
味噌汁は緑黄色野菜や根菜類、豆腐などの大豆製品を入れ、海藻も入れるなど、具沢山味噌汁にする。
それに煮物や漬物→自分で作る!売っている物は添加物のオンパレードです!
プラス何か少々。)

比率は 「 穀物5割・野菜や海藻2割・動物蛋白1割」 です。

おかずを食べ過ぎない事です!
これだけで体調はかなり改善されてきます!
これに体をよく動かすことをすれば、新陳代謝もUPされる事でしょう!
白魚の指のような人で、体調の悪い人もこれを “ 実行 ” すれば、
かなり改善されるはずです!

《これは他の人にも 同じ事が言えます!》

[PR]
by osan03 | 2015-05-22 03:16

自分を取り巻く環境!

誰にも自分を取り巻く環境があります。

最近、自分を取り巻く環境は自分が原因だ!
と、つくづく思いました!

どんな人も、心がいつも平安だ!という事はありえません!
自分もそうです。
自分の場合、思いが強いのでそれが強く出てしまいます。
疲れも溜まり神経がピリピリしていた時、
腹の立つ事があり相手を激しく攻撃してしまいました。
その後、職場に絡むトラブルが起きました。
自分の欠点がもろに出た出来事でした。

自分の欠点が表に出て、自分をより深く自覚し
“これを変えていかなければ駄目だ!”と、思いました。
こんな積み重ねが自分を変えて行くのだ!と思います!
自分は “変わろう!”と思いました。
人に “ 直しなさい ” と言われても、自分が自分を自覚していないと
人は変われるものではない!とも思いました。

自分の心のままが自分の回りに起きてくる!

自分の回りにもよく注意を受けやすい人や、人から文句を言われやすい人がいます。
そんな人は、その人の心に問題があります!
他の人の事はよく見える!
自分の事は、事が起きてからでなければ見えない事が多い!

問題が起きたり 注意された時は、まず自分を振り返ってみる事が大事ですね!

一度だけ、不思議な体験をした事があります。
自分の心のままに “空間が歪んでカーブしていた” のが見えた事があります!

自分の心が作り出した空間に乗って、人は生きているんだ!
と、思いました。
何かあると、今でもその時の事を思い出します!

自分の回りの環境とは、自分の心が作り出した環境でもあるのですね!
自分の心が変われば、自分の回りの環境も変わっていくのだと思います!


[PR]
by osan03 | 2015-05-18 06:53

逆子( 骨盤位 )の人

妊娠中に赤ちゃんが “逆子(骨盤位)” になる方がいます。
小さなうちは お腹の中でクルクル動いている事もありますが、
妊娠8ヶ月頃になっても、赤ちゃんの頭が下にならずに常に上を向いていると
そのまま “固定”して、“逆子” になってしまう事が多いです。

“逆子”になっている方を気をつけて見ていると、
下半身からお腹にかけて冷えている方が多いです。
足首から大腿を触ると “温かさ” が無く、冷ャッとしています。
そこまでいかなくとも、“ぬるい” お湯に触っている感じの人もいます。

本人は自分が “冷えている” という “ 自覚 ” が無い人が殆どです。

お腹が張って入院してきた時、布団をかぶせて暖めてあげてしばらくすると、
やっと “ 温かさ ” が出てきます。
いつも冷やしているので自分が “冷えている” という自覚がないようです。

お腹の中は、本来38度以上はあるはずですが、こういう方は、
ずっと低くなっていると思われます。

こういう方の服装は、今はやりの “足首 ” までの靴下をはいていたり、
タイツ1枚だったり、ズボンの下に何もはいていなかったり、
とに角 下半身の “保温” が全くなっていません!

これではお腹が冷やされてしまいます。

赤ちゃんは自分の “意志” を持っていると思っています。
頭が冷やされる事が 嫌なんだ! と思われます。
それで少しでも温かい方に頭を向けるのではないか! と思います!

逆子の原因は子宮の構造や、精神的な原因など、
他にも原因があるのかも知れませんが、
まずは下半身の冷えを改善して、いつも ホカホカと温かくしてみる事を
やってみる事です!
同時に、足の小指の爪のつけ根( 爪のはえぎわ)の外側を
“ もぐさ ” でお灸をする事をお勧めします。
冷えている人は、ここにお灸をしても “ 熱い ”と感じないです。
“熱い” と感じるまで一日2〜3回お灸をしてみる事です!

赤ちゃんが大きくなってしまうと、お腹で回転する事ができず
“ 逆子 ”のまま固定されてしまいます。
今は逆子になると、危険なリスクを持ったまま
下から生ませてくれる産婦人科は殆ど無く、帝王切開になります。
ですから赤ちゃんが大きくなる前に、固定される前に、
直す事を頑張らなけれはなりません。

それと “女性の ツボ ” と言われている “足首の内くるぶし”
(足首の内側の突起がある部分の中央に自分の小指を当てて、
人差し指《 指4本の外側》の外側)の外側にもお灸をした方がいいです!

今はやりの足首までの靴下は、大事なこの部分を冷やしてしまいます!
妊婦さんは、足首までの靴下を決してはいては駄目です!

又、お腹で赤ちゃんが冷やされると、赤ちゃんの動きは
ピンピンと角のある胎動になります!
赤ちゃんがゆったりと気持ち良い状態の時は、
胎動はモコモコとした緩やかな動きになります!
お風呂に入っていて温まり、気持ちの良い時の緩やかな動きです!

生野菜や果物の取り過ぎも体を冷やします!

妊娠中は、いかに体を温めるか!に気をつけるべきです!





[PR]
by osan03 | 2015-05-16 07:42

低気圧(台風)が来た!

昨日は台風が来ていました。
低気圧が来ている時は、赤ちゃんが生まれやすいのですが、
その中でも 低気圧の親分、台風が来ている時のお産は早く進む気がします!
まだ データーが少ないので確かな事は言えませんが、
お産が短時間で終る気がします!

台風の日 夜勤でした。
経産婦さんが夜入院して来たのですが、あれよあれよという間に
進んで、3時間かからずに生まれてしまいました!
翌朝、又経産婦さんが入院して来ました。
この方も、あっという間に進んで来て、
陣痛開始から3時間かからずに生まれてしまいました!
台風が近づいて来ていた、台風の前日に来た方は、
初産であったけれど、来た時はほぼ全開大で
そのまま分娩室に直行して生まれたそうです!

自宅分娩をやっていた時にも経験があるのですが、
強風吹き荒れる 台風のど真ん中に陣痛が来て、
この方も3時間かからずに生まれてしまいました!

まだデーターが少ないので、絶対とは言えませんが
台風の超低気圧には、お産に何らかの作用が働くのではないか!
と思います。



[PR]
by osan03 | 2015-05-13 22:43