妊娠・出産・育児・母乳を充実させる為に!


by osan03
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

腹式呼吸の重要性!

呼吸には胸式呼吸と腹式呼吸があります。

胸でする浅い呼吸が胸式呼吸、
お臍の下のお腹を、膨らませたり引っ込めたりする深い呼吸が腹式呼吸。

妊婦さん、赤ちゃんのいるお母さん、
小さな子のいるお母さん、腹式呼吸が重要です!


心配、イライラ、不満、不安、あせり・・・。

この時は、必ずと言っていいくらい浅い胸式呼吸になっています。
胸が縮んで背中も丸くなっている事が多いです。

こんな時、背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い、
下っ腹に手を当てて、その手を押し上げるようにお腹を膨らませていき、
吐く時は、その手でお腹を押してゆっくり息をはきます。
腹式呼吸です!


この呼吸を何度か繰り返してしているうちに、
心が落ち着いてきます!


試してみて下さい!

出来れば目をつぶり、お腹に当てた手に 意識を合わせてした方が、
腹式呼吸の感じをつかみやすいです。


血圧の高い人も、この呼吸を何度かやってから計ると、
下がっている事が多いです。

自分のイライラや、不安、不満は、お腹の赤ちゃんにも、
生まれた赤ちゃんにも、もろに影響がいきます。

家庭の中で、女性は‘太陽’と言われていますが、
その‘太陽’がイライラや不安、不満等で曇っていると、
回りの人も神経質になり、笑顔が消え、
家の中もギスギスした感じになります。

‘そんな事言ったって・・・’と、

自分を正当化したくなるかも知れませんが、
まずは‘腹式呼吸’をして、
それから再度、同じものを見つめてみて下さい。

きっと感じが少し変わっていたり、
他の人の事も、冷静に見つめる事ができたり、
頭であれこれ理屈で考えていた事が、
‘何だ、そんなことで’と思えておおらかになれたりと
何かが変化すると思いますよ!

( <目は心の窓>と言いますが、
不安・不満などを抱えている時の目と、
おおらかになった時の目の光は、
確実に違います!)


☆ 人気ブログランキング クリックお願いします!
[PR]
by osan03 | 2007-11-16 03:35